100km歩くウルトラウォーキング

100km歩くウルトラウォーキングに参加しよう! ~持ち物編~


・靴下は2足用意しよう!
ウルトラウォーキングでは靴下は2足以上用意してください。
同じ靴下を長時間履くと、中が蒸れてマメができやすくなります。

・登山用バッグ
荷物を入れるバッグは「登山用バッグ」がおすすめです。
ただのリュックは肩だけに負担がかかるため、
長時間背負っているとひどい肩こりに見舞われます。

肩と腰で背負う登山用バッグなら
・肩の負担を軽減してくれる
・通気性が良く、長時間着用しても汗をかきにくい
・背筋をピンと伸ばして歩ける(上半身の負担軽減)

などのメリットがあります。

初めての方は容量30~40リットルのバッグがおすすめです。
レースに必要なものはすべて入るし、重量は約1kgと軽めです。

こちらはわたしが使用しているバックパック「ULTRA8」です。
耐久レースのために開発されたバッグは、長時間背負っても負担を感じにくい
軽さ背負いやすさを両立。
ランニング用バックパックにはない、ペットボトルホルダーも搭載されています。

・雨具、ウィンドブレーカー、防寒具など
春・秋に開催されるウルトラウォーキング。
深夜の気温は0℃を下回る場合があります。

雨具は防水性、防風性に優れる、ゴアテックスのウェアがおすすめです。
冬の寒さにも耐えられるため、雨具・防寒具を兼用できてとても便利。

丈夫なので10年以上使えます。

・吸汗速乾シャツ
シャツが汗で濡れるとベタついて気持悪いし、汗が乾いて体が冷える恐れがあります。
そんな時は速乾性のシャツがおすすめです。

・足の痛みを軽減してくれるアイテム3選

・テーピングテープ
テーピングはかなりおすすめ!
ヒザにテーピングを巻いて参加したレースでは、何時間歩いてもヒザが痛くならなくて、

とても快適でした。(膝のテーピングのやり方はこちら

面倒な人は「すぐ貼れる」シリーズが便利です。
最初からテーピングの形になっているので、あとは貼るだけ。

・スポーツタイツ
ピチピチのタイツを履いたランナーを見たことはありませんか?
びっちりしたスポーツタイツには「着圧効果」があり、
・ヒザや腰の負担を軽減
・足のむくみを軽減
などの効果が期待できます。

スポーツタイツはわざときついサイズになっています。

そのキツさ加減の調整が難しいので、試着してからの購入をおすすめします。

・ヒザサポーター
長距離ウォークでヒザが痛くなった経験のある人は、ヒザサポーターをどうぞ。
選ぶポイントは
・吸汗性(蒸れない)
・伸縮性(動きやすい)
・軽さ
の3つです。

・着替え(シャツ、パンツなど)
衣類は持っていくとかさばるし、レース中に着替える余裕はそんなにありません。
汚れが気にならない人・汗をあまりかかない人は、着の身着のままで歩いてもいいかも。

・インソール
インソール(中敷き)は靴の中に敷くことでクッション性を高めてくれます。

created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥1,200 (2019/09/23 11:48:08時点 Amazon調べ-詳細)

・トレッキングポール
トレッキングポールの登山だけでなく、ウォーキングレースにも使えます。
杖のようについて歩くことで、足やヒザの負担を軽減できます。

・ウェストポーチ
ウェストポーチはかなり便利です。
スマホをサッと取り出したり、行動食を取り出して食べたり、物を出すのにいちいちリュックを開ける必要がなくなります。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
¥3,596 (2019/09/23 11:48:09時点 Amazon調べ-詳細)

・ヘッドライト
夜間も歩くウルトラウォーキングでは、ヘッドライトは必需品です。
とりあえず明かりが付けばいいので、あまりゴチャゴチャ機能が付いていないタイプがおすすめ。
ヘッドライトは「バッテリータイプ」と「乾電池タイプ」の2種類があります。
照射時間がより長いのは乾電池タイプです。

・反射板
ウルトラウォーキングでは、真っ暗な夜道を歩くことがあります。
車が通る道を無灯火で歩くのは危険なので、反射板があると安心です。

・持ち物(必需品)

・スマホ
マップの確認、緊急時の連絡手段、暇つぶしなど、スマホは必需品です。

・モバイルバッテリー(必須)
24時間以上歩くウルトラウォーキングでは、モバイルバッテリーを忘れずに。
モバイルバッテリーはあまり安物だと「ケーブル挿入口が壊れやすい」のでオススメしません。
わたしはコンビニで安物バッテリーを買ったら、挿入口がレース中に折れたことがあります。

・コンパス
スマホの地図アプリがあれば、自分の現在地から方角まですべてわかります。ですが、
・自分の向いている方角がすぐに表示されない(GPSはすぐに反映されない)
・いちいちスマホを起動するのが面倒くさい

などのデメリットがあります。
コンパス(方位磁石)があれば、一瞬で方角がわかって便利。
わたしはコンパスと紙の地図を見ながら、なるべくスマホの地図に頼らないようにしています。

・水、食料(行動食)
ツアーによっては道中でコンビニやエイドを利用できるため、
大量に準備する必要はありません。重くならない程度に持参しましょう。

ウォーキング中は行動食がオススメ!

長距離ウォーキング中は胃が食べ物を受け付けず、おにぎりですら食べるのが辛い時があります。
そんな時におすすめなのが「行動食」。

運動に必要な栄養が入っており、手軽に摂取できる、ウォーキングの強い味方です。
おすすめの行動食まとめはこちら↓
ウルトラウォーキングの行動食まとめ

・オススメの行動食

・井村屋スポーツようかん
井村屋スポーツようかんは、スティックを押すだけで食べられるのが特徴。
歩くのに集中しながら食べられるので重宝しています。
ようかんには塩が入っており、汗をかいている時に食べるとおいしさ倍増!

・山よりだんご
山よりだんごは水飴を使ったお餅。
グニグニと弾力があり、食べごたえがあるため、一粒でも空腹がまぎれます。
もったりとした甘さが好きで、長距離ウォーキングのお供に愛用しています。

created by Rinker
ゼンニュートリション(ZEN NUTRITION)
¥378 (2019/09/22 23:53:51時点 Amazon調べ-詳細)

・Enemoti (エネもち) クルミもち
Enemotiは和菓子メーカーの「天狗堂宝船」が作った、スポーツ用のもち菓子。
「パラチノース」という吸収がゆるやかな砂糖を使用しており、長時間歩くためのエネルギーを補給できます。
くるみと水飴で味付けされたおもちは、噛めば噛むほど甘くておいしい!
味・栄養・ボリューム、どれをとっても100点。一番おすすめです。

・グミ
長距離ウォーキングにはグミもオススメ。
グミをよく噛むことで唾液が分泌され、喉の渇きを潤したり、空腹感を抑えたりできます。

created by Rinker
HARIBO ハリボー
¥498 (2019/09/22 22:34:06時点 Amazon調べ-詳細)

・タオル
・ポケットティッシュ
・ビニール袋
汗を書いたタオルや衣類を入れる時に。
・マスク

車道を長時間歩いていると、排気ガスで喉を痛める場合があります。
・音楽プレイヤー
個人的にマストアイテム。
ウルトラウォーキングはどちらかというと、精神の方が疲れます。
お気に入りの曲を流しまくって、辛い気持ちを吹き飛ばしましょう。

・安全ピン・ライター・消毒薬
マメができた時の処置道具です。ライターでピンを炙って消毒し、マメに穴をあけて中の水を出します。

自分はそういった処置ができないので、そもそもマメができないように歩きました。

・ワセリン
ワセリンは足に塗れば靴ずれ防止に、肩や股間に塗れば衣擦れ防止になります。

created by Rinker
大洋製薬
¥369 (2019/09/23 08:09:28時点 Amazon調べ-詳細)

・バンドエイド
マメ予防グッズは色々あるけれど、
わたしはバンドエイドが一番効きます。
「あっ、こすれて痛いな」と感じたら、すぐに靴を脱いで、
患部にバンドエイドを貼りましょう。
また、こまめに汗を拭いて足を蒸らさないのも重要です。

created by Rinker
BAND-AID(バンドエイド)
¥433 (2019/09/23 00:44:29時点 Amazon調べ-詳細)

・鎮痛剤
どうしても足が痛い時は鎮痛剤を飲みましょう。
少しだけれど痛みが楽になります。

・エアーサロンパス
筋肉疲労の心強い味方です。氷を当てたような爽快感が気持ち良い!
※腰や太ももにエアーサロンパスを噴射した場合、患部をよく拭き取りましょう。
汗でエアーサロンパスが流れて股間に入ると、激痛に襲われます

created by Rinker
エアーサロンパス
¥1,710 (2019/09/23 11:48:10時点 Amazon調べ-詳細)

以上です。

必要なものは、だいたい「ムラサキスポーツ」「好日山荘」などの登山・アウトドア店に行けば揃います。
道具を少しずつ揃えていくと「自分は本当にレースに参加するんだ!」
という自覚が芽生えてきて、やる気に繋がるはず。
この記事で、一人でも多くの人がウルトラウォーキングに興味を持ってくれれば幸いです。

チェックリスト

衣類

  • シューズ
  • 靴下(2足)
  • 雨具
  • 防寒具(気温0℃に耐えられるもの)
  • 着替え(シャツ、パンツなど)
  • 吸汗速乾シャツ
  • インソール
  • スポーツタイツ
  • ヒザサポーター

道具類

  • テーピングテープ
  • トレッキングポール
  • 登山用バッグ
  • ウェストポーチ
  • ヘッドライト
  • スマホ
  • モバイルバッテリー
  • コンパス
  • タオル
  • 音楽プレイヤー
  • 水、食料
  • ポケットティッシュ
  • ビニール袋
  • マスク
  • 安全ピン・ライター・消毒薬(マメができた時用)
  • ワセリン(靴ずれ、衣擦れ防止に)
  • テーピング
  • バンドエイド
  • 反射板
  • 鎮痛剤

レースのトレーニング方法はこちら↓
ウルトラウォーキングのトレーニング方法


ピックアップ記事

  1. 浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ

関連記事

  1. 100km歩くウルトラウォーキング

    100kmウォーキングに持っていきたい!おすすめの行動食8選

    レース中の栄養補給に!おすすめの行動食をまとめました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

}
  1. コラム・エッセイ

    あなたの家にサンタクロースがやってくる!?NPO法人チャリティーサンタに参加した…
  2. 遊びの特集記事

    浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ
  3. あそびのずかん

    その一撃にすべてを賭けろ。浅草「カワラナ」で瓦割り体験
  4. あそびのずかん

    お花をビンに閉じ込めて。お台場でハーバリウム作りを体験しよう!
  5. あそびのずかん

    アメに命を吹き込もう。浅草「アメシン」でアメ細工を体験
PAGE TOP