人気の記事ベスト10

100km歩くウルトラウォーキングに参加しよう! ~持ち物編~


・靴下は2足用意しよう!
ウルトラウォーキングでは靴下は2足以上用意してください。
同じ靴下を長時間履くと、中が蒸れてマメができやすくなります。

・登山用バッグ
荷物を入れるバッグは「登山用バッグ」がおすすめです。

おすすめのリュックまとめはこちら↓
おすすめのリュックまとめ

普通のリュックサックは肩だけで背負うため、
ひどい肩こりに見舞われます。

肩と腰で背負う登山用バッグなら
・肩の負担を軽減してくれる
・通気性が良い(汗をかきにくい)
・背筋をピンと伸ばして歩ける(上半身の負担軽減)

などのメリットがあります。

ウルトラウォーキングには登山用リュックがおすすめ

初めての方は容量20~30リットルのバッグがおすすめです。
レースに必要なものはすべて入るし、重量は約1kgと軽めです。

created by Rinker
Columbia(コロンビア)
¥10,560 (2019/11/21 16:19:24時点 Amazon調べ-詳細)

わたしが使用しているのは「ULTRA8」。
耐久レースのために開発されたバッグは、軽さ背負いやすさを両立。
容量は「8L」ですが、100kmウォークに十分使えます。

おすすめのリュックまとめはこちら↓
おすすめのリュックまとめ

100kmウォークの服装について

春・秋に開催される100kmウォーキング。
深夜の気温は「0℃」を下回ることが多いです。
「寒さに耐えられなくてリタイアした」
という人もいるため、服装はなるべく温かいものを用意しましょう。

衣類は温かいものを

衣類はスポーツウェアが理想ですが、ジャージでも十分。
わたしはいつも「上はジャージ、下はチノパン」という格好で参加しています。

ズボンはデニムはNG
・汗をかくと縮んで動きにくくなる
・汗が乾きにくい
からです。

・雨具、ウィンドブレーカー、防寒具
雨具は防水性、防風性に優れる「レインウェア」がおすすめです。
冬の寒さにも耐えられるため、雨具・防寒具を兼用できてとても便利。

わたしは10年前に買ったウェアを現役で使っています。

・吸汗速乾シャツ
汗をかくとシャツがベタついて気持ち悪いし、汗が乾いて体が冷える恐れがあります。
そんな時は速乾性のシャツがおすすめです。

・手袋
気温0℃の中、素手でいるのはこたえます。
手袋の素材は「アクリル」や「ゴム」など、
吸汗性が良いものがおすすめです。
わたしは安いゴム軍手で十分でした。

足の痛みを軽減してくれるアイテム5選

・テーピングテープ(★★★)
テーピングはかなりおすすめ!

ヒザにテーピングを巻いて参加したレースでは、24時間歩いてもヒザが痛くならなくて、

とても快適でした。
(膝のテーピングのやり方はこちら

面倒な人は「すぐ貼れる」シリーズが便利!
最初からテーピングの形になっているので、あとは貼るだけ。

・スポーツタイツ
ピチピチのタイツを履いたランナーを見たことはありませんか?
びっちりしたスポーツタイツには「着圧効果」があり、
・ヒザや腰の負担を軽減
・足のむくみを軽減
などの効果が期待できます。

スポーツタイツはわざときついサイズになっています。

そのキツさ加減の調整が難しいので、試着してからの購入をおすすめします。

・ヒザサポーター
長距離ウォークでヒザが痛くなった経験のある人は、ヒザサポーターをどうぞ。
選ぶポイントは
・吸汗性(蒸れない)
・伸縮性(動きやすい)
・軽さ
の3つです。

・インソール
インソール(中敷き)はクッション性を高めてくれます。
履き慣らす必要があるので、早めに買って慣らしましょう。

created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥1,349 (2019/11/21 17:11:40時点 Amazon調べ-詳細)

・トレッキングポール(★★★)
杖のようについて歩くことで、足やヒザの負担を軽減できます。

100kmウォーカーの間では、トレッキングポールは「いる派」と「いらない派」に二分されていますが、
わたしは断然「いる派」です。
ポールを使いながら歩くことで、中~終盤までの体力を温存できます。

・着替え(シャツ、パンツなど)
衣類は持っていくとかさばるし、レース中に着替える余裕はそんなにありません。
汚れが気にならない人・汗をあまりかかない人は、いっそ持っていかないのもあり。

・ウェストポーチ(★★)
ウェストポーチはかなり便利です。
スマホをサッと取り出したり、行動食を取り出して食べたり、
物を出すのにいちいちリュックを開ける必要がなくなります。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
¥4,680 (2019/11/21 18:31:02時点 Amazon調べ-詳細)

・フリップベルト
ウェストポーチの進化系!
フリップベルトは腰にピッタリ密着するポーチです。
歩いてもまったくブレないので、安定したウォーキングができます。
伸縮性があるのでスマホも収納可能。

created by Rinker
FLIPBELT(フリップベルト)
¥4,274 (2019/11/21 07:36:13時点 Amazon調べ-詳細)

・ヘッドライト(必須)
夜間も歩くウルトラウォーキングでは、ヘッドライトは必需品です。
ゴチャゴチャした機能は不要。とりあえず明かりがつけばいいです。

おすすめなのは乾電池タイプのヘッドライト。バッテリータイプよりも
照射時間が長く、事前の充電もいりません

ヘッドライトを忘れると、レースに参加できない場合もあるので注意!

created by Rinker
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)
¥2,420 (2019/11/21 17:11:41時点 Amazon調べ-詳細)

・反射板
ウルトラウォーキングでは、真っ暗な夜道を歩くことがあります。
車が通る道を無灯火で歩くのは危険なので、反射板があると安心です。

・ハイドレーション
ハイドレーションはチューブを吸って水分補給できるバッグ。
水筒やペットボトルを取り出すのに、いちいちリュックを開ける必要がありません。
とにかく歩くことに集中したいあなたに。

created by Rinker
SOURCE(ソース)
¥4,909 (2019/11/21 05:50:46時点 Amazon調べ-詳細)

持ち物(道具類)

・スマホ(必須)
マップの確認、緊急時の連絡手段など、スマホは必需品です。

・モバイルバッテリー(必須)
24時間以上歩くウルトラウォーキングでは、モバイルバッテリーを忘れずに。
モバイルバッテリーは安物だと「ケーブル挿入口が壊れやすい」のでオススメしません。
わたしは安物バッテリーを買ったら、挿入口がレース中に折れたことがあります。

また、「バッテリーだけでなく、USBケーブル」も忘れずに!
わたしは1回やらかしました。

・コンパス(★★)
スマホの地図アプリがあれば、自分の現在地から方角まですべてわかります。ですが、
・自分の向いている方角がすぐに表示されない(GPSはすぐに反映されない)
・いちいちスマホを起動しないといけない

などのデメリットがあります。
コンパス(方位磁石)があれば、一瞬で方角がわかって便利。

・水、食料(行動食)
ツアーによっては道中でコンビニやエイドを利用できるため、
大量に準備する必要はありません。重くならない程度に持参しましょう。

100kmウォーク会では、飲み物はコーラが定番です。
レース中はとにかく体力を消耗するため、ただの水では元気が出ません。
コーラの糖分・カフェインが元気をくれます。

created by Rinker
コカ・コーラ(Coca-Cola)
¥2,198 (2019/11/20 20:31:53時点 Amazon調べ-詳細)

ウォーキング中は行動食がオススメ!

長距離ウォーキング中は胃が食べ物を受け付けず、おにぎりですら食べるのが辛い時があります。
そんな時におすすめなのが「行動食」。

運動に必要な栄養が入っており、手軽に摂取できる、ウォーキングの強い味方です。
おすすめの行動食まとめはこちら↓

ウルトラウォーキングの行動食まとめ

オススメの行動食

・井村屋スポーツようかん(★★★)
井村屋スポーツようかんは、スティックを押すだけで食べられるのが特徴。
歩くのに集中しながら食べられるので重宝しています。

ようかんには塩が入っており、汗をかいている時に食べるとおいしさ倍増!
Amazonには1,200件もレビューがあり、その人気ぶりが伺えます。

created by Rinker
井村屋
¥992 (2019/11/21 07:32:11時点 Amazon調べ-詳細)

・山よりだんご(★★★)
山よりだんごは水飴を使ったお餅。
グニグニと弾力があり、食べごたえがあるため、一粒でも空腹がまぎれます。
もったりとした甘さが好きで、レースのお供に愛用しています。

created by Rinker
ゼンニュートリション(ZEN NUTRITION)
¥378 (2019/11/21 04:25:09時点 Amazon調べ-詳細)

・Enemoti (エネもち) クルミもち(★★★)
Enemotiはスポーツ用のもち菓子。
「パラチノース」という吸収がゆるやかな砂糖を使用しており、長時間歩くためのエネルギーを補給できます。
くるみと水飴で味付けされたおもちは、噛めば噛むほど甘くておいしい!

Enemoti 
味・栄養・ボリューム、どれをとっても100点。
一番おすすめで、レースに必ず持参しています。

・グミ
長距離ウォーキングにはグミもオススメ。
グミをよく噛むことで唾液が分泌され、喉の渇きを潤したり、空腹感を抑えたりできます。

created by Rinker
HARIBO ハリボー
¥569 (2019/11/21 01:55:31時点 Amazon調べ-詳細)

・タオル
・ポケットティッシュ
・ビニール袋
レース中はとにかくゴミが発生するので、ゴミ袋として。
・マスク

車道を歩くレースでは、喉を痛める排気ガスに注意。
わたしはマスクを忘れたレースで、喉がイガイガして辛かった経験があります。

created by Rinker
超快適マスク
¥1,350 (2019/11/21 18:11:38時点 Amazon調べ-詳細)

・音楽プレイヤー(★★★)
個人的にマストアイテム。
お気に入りの曲を流しまくって、辛い気持ちを吹き飛ばしましょう。

・安全ピン・ライター・消毒薬
マメができた時に処置ができる人向け。
ライターでピンを炙って消毒し、マメに穴をあけて中の水を出します。

自分はそういった処置ができないので、そもそもマメができないように歩きました。

・財布
財布は意外と重いので注意!
たまたま小銭入れ&札入れの重さを計ってみたら、重さはなんと350gでした。
350gはジュース1缶と同じ!

ウルトラウォーキングでは、受付で手荷物を預けられます。
レースに持参するのは
・クレジットカード
・お札1枚
だけにすれば、荷物を軽量化できます。

マメ防止に使えるアイテム3選

長距離ウォーカーの多くが恐れているもの。
それは「マメ」です。その激痛はレースリタイアを考えてしまうほど。
そんな「マメ」を予防できるグッズは3つあります。

・ワセリン
ワセリンはマメ予防に使えるアイテム。保湿成分が足を守ってくれて、マメができにくくなります。
また、肩や股間に塗れば衣擦れ防止になります。

created by Rinker
大洋製薬
¥763 (2019/11/20 20:31:54時点 Amazon調べ-詳細)

・保護クリーム(★★★)
このブログで一番人気の商品です。
こちらのクリームは塗った箇所に保護膜を作り、マメや衣擦れから守ってくれます。
Amazonでは100件のレビューがあり、どれも好評です。

created by Rinker
Earth Blue(アースブルー)
¥1,511 (2019/11/21 07:32:12時点 Amazon調べ-詳細)

・バンドエイド(★★★)
マメ予防グッズは色々あるけれど、
わたしはバンドエイドが一番効きます。

「あっ、こすれて痛いな」と感じたら、すぐに靴を脱いで、
患部にバンドエイドを貼りましょう。
「防水バンドエイド」なら、足がムレても剥がれにくいのでおすすめ。

また、休憩時には靴下を脱いで足を蒸らさないのも重要です。

created by Rinker
BAND-AID(バンドエイド)
¥440 (2019/11/21 18:11:39時点 Amazon調べ-詳細)

・鎮痛剤(★★★)
どうしても足が痛い時は鎮痛剤です。
少しだけれど痛みが楽になります。

・エアーサロンパス(★)
筋肉疲労の心強い味方です。氷を当てたような爽快感が気持ち良い!
※腰や太ももにエアーサロンパスを噴射した場合、患部をよく拭き取りましょう。
汗でエアーサロンパスが流れて股間に入ると、激痛に襲われます

created by Rinker
エアーサロンパス
¥1,742 (2019/11/21 18:11:41時点 Amazon調べ-詳細)

おまけ・レース後の足を癒やすアイテム

・足裏シート(★★★)
足裏シートは夜、足裏に貼って寝るだけ。
樹液や漢方成分が足の水分を吸い取って、むくみを解消してくれます!

次の日起きると、足がすっと軽くなっているのを感じますよ。
おまけに足の裏がツルツル美肌に!

created by Rinker
ティー・エイチ・ティー
¥3,000 (2019/11/21 07:32:13時点 Amazon調べ-詳細)

やらせレビューに気をつけて!

残念なことに、現在アマゾンなどのECサイトでは「やらせレビュー」が横行しています。
業者がパチモン商品に高レビューをたくさん付けて、人気商品として紹介させようとしています。
さらに、高品質の商品には「星1つ」のレビューをつけるという悪質ぶり。

24時間レースに使うウェアや靴下がパチモンだと、シャレになりません。
やらせレビューが不安な方は「サクラチェッカー」をご利用ください。

また、やらせレビューは「日本語がおかしい」です。
「この靴下は作りの頑丈で、蒸れ予防の効果がたくさんです
という風に、変な日本語レビューがあったら要注意です。

自分が使用したものをメインにご紹介!

当ブログで紹介している靴・ウェアは
「著者が実際に使用している品・ブランド」をメインに紹介しており、
品質は自信を持って保証できます。

道具を少しずつ揃えていくと「自分は本当にレースに参加するんだ!」
という自覚が芽生えてきて、やる気に繋がるはず。
この記事で、一人でも多くの人が100kmウォーキングに興味を持ってくれれば幸いです。

チェックリスト

衣類

  • シューズ
  • 靴下(2足)
  • 雨具
  • 防寒具(気温0℃に耐えられるもの)
  • 着替え(シャツ、パンツなど)
  • 吸汗速乾シャツ
  • インソール
  • スポーツタイツ
  • ヒザサポーター
  • 帽子
  • 手袋

道具類

  • テーピングテープ(★★★)
  • トレッキングポール(★)
  • 登山用バッグ
  • ウェストポーチ(★★)
  • ヘッドライト(必須)
  • スマホ(必須)
  • モバイルバッテリー(必須)
  • コンパス(★★)
  • タオル
  • 音楽プレイヤー(★★★)
  • 水、食料
  • ハイドレーション
  • ポケットティッシュ
  • ビニール袋(ゴミ袋)
  • マスク
  • 安全ピン・ライター・消毒薬(マメができた時用)
  • ワセリン・保護クリーム
  • バンドエイド(★★★)
  • 反射板
  • 鎮痛剤

レースのトレーニング方法はこちら↓
100kmウォークのトレーニング方法

おすすめの行動食まとめはこちら↓
ウルトラウォーク行動食まとめ

シューズのまとめ記事はこちら↓
おすすめのシューズまとめ


関連記事

  1. 人気の記事ベスト10

    【完全版】浅草で楽しめる遊び・体験のお店14選!観光やデートにどうぞ

    ガラス細工から金魚すくいまで!浅草で楽しめる遊び・レジャ…

  2. 女性は女性用ザックがおすすめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. レーススタートの瞬間
  2. 女性は女性用ザックがおすすめ
}
  1. あそびのずかん

    アメに命を吹き込もう。浅草「アメシン」でアメ細工を体験
  2. あそびのずかん

    その一撃にすべてを賭けろ。浅草「カワラナ」で瓦割り体験
  3. あそびのずかん

    浅草で『3月のライオン』のスノードームを作ってみた!好きな絵をスノードームにしよ…
  4. 東海道・京都まで歩いて行ってみた

    【東海道・徒歩の旅1】(東京~神奈川)
  5. 人気の記事ベスト10

    高さ100mからダイブ!日本一のバンジージャンプを体験
PAGE TOP