ワクワクする遊び

日光の貸切サウナ&アイスクライミングでととのう vol.41


当ブログでは「あそびのコーディネーター」の「せいじ」が、日本全国の面白い遊びを紹介しています!

 
あそびのずかん・記事一覧へ

1泊2日・日光の冬旅へ

わたしは毎年冬になると、地方でスノースポーツを体験するという習慣を持っています。

たとえば2021年はスノーカイト、2020年はスノーシュー、今年は……

「アイスクライミングをやってみよう!」

ということで2月のある日。わたしは電車を乗り継いで日光へ向かいます。

早朝の山手線に乗ると、そこにいたのは爆睡するサラリーマン。

なんで早朝からこんな人がいるんだろう。まさか終電からずっと乗っていたのか?

日光の貸切サウナでととのう

3時間後、日光駅に到着。今日はこれから「日光サウナリゾート」という予約制・貸切のサウナに向かいます。

日光サウナリゾートまでの距離は約18km。移動手段は……レンタルサイクルです。

18kmも自転車で移動するなんてバカげているかもしれません。でも、レンタカーやタクシーを使うと1万円近くかかるため、どうしても安い手段でサウナまで行きたかったのです。(12時間2,000円)

自転車はアプリでレンタル。バッテリー残量が2/3の自転車を借りたら、いきなりトラブルが発生。

「バッテリーが40%しかない……」

しかもバッテリーはおんぼろで、走り出してすぐに残量が30%まで減ってしまいました。

こうしてサウナまでひたすら自転車を漕ぎます。時には急な坂道があって、電動アシストがあっても登るのが辛い!

いつの間にか残りバッテリーは18%にまで減少。どうしよう、これじゃ帰り道のバッテリーが残らない。

そんなこんなで1時間以上自転車を漕いで、ようやく「日光サウナリゾート」に到着。

スタッフの女性に「日光駅から自転車で来ました」と言うと、

「えっ、遠くないですか?」とびっくりされました。

そして念願のサウナ。自転車をたっぷり漕いで疲れたから、いっぱい汗をかいてリフレッシュしたい!

「うおー! 貸切だ!」

貸切サウナの開放感といったら! 周りを気にせず、ゆったり汗をかけてとても気持ちがいい!

サウナの中で寝転がっても良いし、ロウリュも可能だし、開放感がハンパじゃなかったです。

サウナは薪ストーブ式で、パチパチと炎が燃える音を聞きながらのんびり。

汗をかいたら冷水浴です。水風呂はなんと……目の前に広がる泉です

おりゃーっと気合を込めて泉にダイブすると、メチャクチャ冷たいけど気持ちいい!

泉を出たらキャンプチェアに座って外気浴。

「ああーととのう……」

日差しを浴びながら風を浴びていると、体中が羽のように軽くなってふわふわした気分。これすごく気持ちいい……

サウナの利用時間は2時間。たっぷり5セットのサウナ入浴を満喫しました。

帰り道。ついに自転車のバッテリーが切れてしまい「ただの自転車」に変貌。ペダルがものすごく重くて、足をパンパンにさせながら帰りました。

夜。お腹減ったな、駅近くの食堂で何か食べようかなとホテルを出てみたら驚愕。

時刻は午後6時なのに、ほとんどの飲食店が閉まっていたのです。

仕方がないので唯一空いていたラーメン屋で食事。

アイスクライミングで高さ25mの滝に挑む

日光の旅2日目。今日はねんがんのアイスクライミング体験です。

朝、日光駅で送迎車に乗ると、主催者である「one-play-it」の店舗に集合。今日は男性3人のメンバーが集まりました。

ガイドさんの運転する車に乗り、しばらく移動したあとは徒歩で移動。そこには高さ25mの巨大な滝がそびえていました。

これは崖の上から水をかけて作った人工の滝なのだそう。

アイゼンを履いてピッケルを両手に持つと、さっそくクライミング!

「これメチャクチャ体力使うな……」

滝はほぼ垂直なので、登るには全身の体重を持ち上げる力が必要です。

そして滝を10mくらいまで登ったところでわたしは気づきました。

「これ、落ちたら死ぬ高さじゃん……」

そう思った瞬間、体中が恐怖に襲われました。命綱を着けている? そんなの関係ありません。怖いものは怖いです。

もう帰りたい、でも降りるには登りきるしかない!

登れば登るほど地面は遠のいていき、ますます恐怖が増していく。わたしはパニックを起こしかけながら、なんとか登り切りました。

「つ、着いた」

頂上に着いた時、やっと降りられるという安心感と、やり切ったという達成感が体中にこみ上げてきました。

降りるのは登るよりずっと楽で、命綱を下にたぐることで地上まで降りられます。

そしてセカンドクライム。今度は少し急なコースを登ることにしました。

コースを半分登った時のこと。ピッケルを氷に突き立てて、体を引き上げようとしたら…

「危ない!」

足が滑って、両手だけで壁に張り付く状態になってしまいました。

「落ちたら死ぬ、落ちたら死ぬ……」

必死にもがくけど、足が氷に固定できない、腕の力も抜けていく。もう本当にダメかと思いました。

なんとか踏ん張って安全を確保し、体制をととのえたものの……

「もう帰りたい……」

ピッケルを振り続けた腕の筋肉はパンパンだし、足もくたくた。それでも力を振り絞って頂上を目指します。

そして氷の壁の頂上にたどり着いた時、わたしは見たのです。

それは太陽でした。目の前の景色がぶわーっと開けたかと思うと、そこに太陽の日差しが差し込んでいたのです。

「困難を体験した人にしか見られない景色……最高だな!」

あの時にみた太陽は一生忘れないと思います。

お昼休憩を挟んで最後のクライミング。頑張ったけど、腕の筋肉が限界で体を引き上げられなくなってしまったため、途中でギブアップとなりました。

こうして一泊二日の日光旅は終了。

それにしても本当に怖かった。自然って本当に残酷だし、生き残るには登るしかないというスリルがヤバい!

命がけのスリルを味わえるアイスクライミング。あなたも体験してみませんか?

店舗情報(サウナ)

店名:日光サウナリゾート

利用料金:4,500円~

利用時間
・10:00~12:00
・12:30~14:30
・15:00~17:00

住所:栃木県日光市瀬尾3351

URL:https://www.nikko-sauna-resort.com/

店舗情報(アイスクライミング)

店名:one-play-it

開催期間:1月下旬~3月上旬

体験料金:13,000円

対象年齢:高校生以上

URL:https://oneplayit.com/outdoor/iceclimbing/iceclimbing01

他の遊びもチェック!

当ブログでは「あそびのコーディネーター」の「せいじ」が、日本全国の面白い遊びを紹介しています!

「休日やることないなぁ」「新しい趣味が見つからないなぁ」という人は、他の記事もチェック!

 
あそびのずかん・記事一覧へ

関連記事

  1. 食品サンプルの天丼

    ワクワクする遊び

    浅草「元祖食品サンプル屋」で本物そっくりの天丼を作ってみた vol.19

    当ブログでは「あそびのコーディネーター」の「せいじ」が、…

  2. ワクワクする遊び

    六本木のカジノバー「BACKDOOR」に行ってきた! 本格カジノゲームを体験 vol.21

    当ブログでは「あそびのコーディネーター」の「せいじ」が、…

  3. ワクワクする遊び

    東京で楽しめるものづくり・ハンドメイド16軒まとめ!

    東京のものづくり・ハンドメイド教室まとめ!当ブログでは「あそびのコ…

  4. BettySmith 恵比寿工房

    ワクワクする遊び

    オシャレを履きこなそう!恵比寿でジーンズ作り vol.33

    オシャレを履きこなそう。恵比寿でオリジナルジーンズ作り最近、ズボン…

  5. ワクワクする遊び

    遊んでレジャー業界を応援!給付金10万円を全て遊びに使ってみた

    給付金10万円をすべて遊び・アクティビティに使った話2020年。コ…

  6. ワクワクする遊び

    コロンと丸くてかわいい! 浅草でとんぼ玉作りを体験 vol.6

    浅草にあるとんぼ玉工房で、コロンと丸いとんぼ玉を作ろう!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画作成はじめました

ブログをメールで購読

あそびのずかんを購読して、最新の記事をチェックしよう!

4人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PRサイト:アソビュー!

PAGE TOP