箱根湯本の景色

100kmウォーク

東京~箱根を踏破せよ!「箱根古道と駅伝の道 ウルトラウォーキング」に参加した話

4回目の100kmウォーキング!東京~箱根を歩こう

2020年2月22日。「お台場海浜公園」駅を降りたわたしは、レインボーブリッジへと向かいます。

今回の100kmウォークは、「箱根古道と駅伝の道ウルトラウォーク」という大会。東京・レインボーブリッジを出発して、箱根の芦ノ湖までを目指すレースです。

お台場  風が強いからか、コロナウイルスの影響からか、土曜日のお台場は閑散とした雰囲気でした。

「あれが受付か」

レインボーブリッジの入り口に大会の受付があったので、受付を済ませます。

受付

受付時間をすぎると、代表による挨拶ののち、準備運動。

準備運動

スタート~品川(0km~8.5km)

午後5時、レーススタート。まずはレインボーブリッジを渡ります。(レインボーブリッジって徒歩で渡れたんだ……)

レインボーブリッジ

レインボーブリッジ

レーススタートが午後5時なので、あっという間に夜。

日没後は品川宿を通過。東海道の面影が残る町を歩きました。

品川宿

この辺りで雨がぱらつき始めました。

うがー! 雨は体温が奪われるし、うっとうしいし、100kmウォークで一番キライ!

100kmウォークに参加する時、わたしはいつもエンジンがかかるのに時間がかかります。今回も、「こんなに雨が降るなら、リタイアしようかな」と、弱気な気分でのスタートでした。

午後8時。第一エイド「宮本台緑地」に到着。

宮本台緑地

エイドではお弁当が振る舞われていました。

わたしは5分だけ休憩すると、すぐに出発。今回のレースは

  • 制限時間が26時間とタイト
  • 終盤に20kmの上り道が待っている

ため、時間管理がシビアなのです。

品川~藤沢(8.5km~50km)

多摩川を越えると川崎市に到着。この時点で雨が上がり、少し歩きやすくなりました。

と、ここでアクシデント。体中が熱っぽくなって、イヤな汗が出てきました。頭もフラフラしてくるし、早くなんとかしないとマズイ!

コンビニでトイレに行くと症状が改善。ちょっと今回、調子が悪いな……

午後9時。事前の計算だと、9時30分頃に20km地点を通過する計算になっています。

「20km地点まであとどれくらいだろう」

そう思ってマップを見ると、すでに目的地を通過していました。しまった、ペースが速すぎる!

午後11時、横浜を通過。

横浜

まだレース序盤なのに、「眠い」「お腹が痛い」「足が痛い」のが辛い。

こうやってネガティブな気持ちにつかまってしまうと、どんどんその気持ちが大きくなってしまうので、明るい曲で気分を無理やり切り替えます。

聴いた曲

  • THE HIGH-LOWS/日曜日よりの使者
  • 中島みゆき/糸
  • サカナクション/ミュージック

午前0時、公園のベンチで休憩。

公園のベンチで休憩

午前2時、第三エイドの「ローソン戸塚町大阪下店」に到着。体調は良くないけど、けっこう良いペースだな。

ローソン戸塚町大阪下店

エイドでは温かいスープが振る舞われました。

第2エイドの食事

スープを飲んだあと、ブルーシートに横たわって15分仮眠。地面の冷たさが全身に伝わって寒い……

コンビニには怖そうなヤンキー達がたむろしていました。彼らがレースの参加者ひとりひとりに「頑張ってください!」と、声援を送っているのが印象的でした。

藤沢~茅ヶ崎(50km~58km)

エイドを出ると、次の目的地「藤沢市」を目指します。

この時、わたしの眠気は限界で、「目を半分閉じて歩く」ような状態でした。もう眠くて歩けない、と思ったところで、バス停のベンチを発見。

思わずベンチに横たわると、5分ほど仮眠を取りました。ああ、空に北斗七星が見える。

仮眠をとったベンチ

この時、わたしはけっこうめげていました。

「今回は100kmは無理かも」

「ゴールしてもなんにもならないよ」

「なんか歩いていても虚しいな」

と、やっぱり気持ちが後ろ向きになってしまう。

藤沢市に到着すると、夜が白み始めます。よかった、やっと夜が開けるのか。

ふと、自転車にボードを載せたサーファーが脇を通り過ぎていきました。もう少しで海が見られるぞ。

海岸の夜明け

午前4時50分、第4エイドの「茅ヶ崎サザンビーチ」に到着。

ビーチからは清々しい朝日が鑑賞できて、折れかかった心に元気をくれました。

茅ヶ崎サザンビーチの朝焼け

エイドで作られていたのはすうどん。温かくてしみます。

すうどん

休憩中は、他の参加者さんのシューズをさり気なくチェック。やっぱりアシックスやナイキが多いな……

ふと、ある男性の足元を見ると「オン」の「 クラウドベンチャー」というシューズを履いているのを発見。おお、自分のブログでもおすすめしていた靴だ!

茅ヶ崎~箱根?(58km~86km)

エイドを出ると、ビーチ沿いの道をウォーキング。朝のビーチは気持ちがいいな。

朝の茅ヶ崎ビーチ

相模川を通過。平塚市に入ります。

相模川

この時、足の方は限界を迎えつつありました。ヒザがめちゃくちゃ痛くて、曲げるたびに針を刺したように痛い……!

「でも時間はあるから、第5エイドが箱根までは行くんだ……」

はちみつやようかんなど、即効性のあるものを食べて、ノロノロと歩きました。

その様子はまるで、ガス欠の車のよう。錆びた体を蹴飛ばして、無理やりでも前に進みます。

しかし、どんなに無理をしていても、「限界」はいつかやってきます。

小田原東町の辺りを歩いていた時、どうしても足が痛いので、道端で腰を降ろして休憩。すると……

立ち上がれない!

足腰に力が入らなくて、そのまま動けなくなってしまいました。チクショウ、ついに限界の限界が来たか……

「大丈夫ですか?」

声をかけられて顔を上げると、そこにはレース最後尾を歩くスタッフがいました。

「大丈夫じゃないかもしれないです」

「リタイアしますか?」

「……はい」

「了解。それじゃあ、帰りも頑張って!」

スタッフさんはわたしに、握手の手を差し伸べました。

こうしてわたしは、東京から約75km先の小田原東町でリタイアすることに。限界まで歩いたとはいえ、悔しい!

リタイアした時の場所

落ち込む暇もなく、これから悲しい敗戦処理です。レース前に預けた荷物を、箱根湯本まで受け取りに行かなければいけません。

これが本当にキツかった。這うようなスピードでバス停まで歩くと、バスに乗って小田原へ。そこから電車で箱根湯本まで行きます。

三連休とあって、箱根湯本は大賑わい。川べりには河津桜が咲き誇り、とてもにぎやかな雰囲気です。くそう、俺も歩いてここまで来たかったな。

箱根湯本の景色

箱根湯本駅から15分ほど歩いて(本当にキツかった!)、第5エイドで荷物を受け取ると、電車で東京に帰還。

敗因を色々と考えてみると、

  • 前日よく眠れず、眠気や疲れが残っていた
  • 序盤に飛ばしすぎた
  • 事前に長距離ウォークをしておらず、練習不足だった
  • 「100kmウォークは4回目で慣れてきたから、きっとゴールできるだろう」と思い上がっていた

ことでしょう。

100kmウォークはサーカスの大技みたいなもので、1回成功したら次も成功できるとは限りません。油断せず、何度も練習を積み重ねて、真剣に挑まないといけない。

レースで役に立ったもの

井村屋スポーツようかん

もはや100kmウォークの常連。今回は7本持っていって、それでも足りないぐらいでした。

  • 一本で113kcal摂取できる
  • ジェル状で食べやすい
  • 塩分が入っていて、汗をかいているとおいしい

と、必須アイテムです。

created by Rinker
井村屋
¥1,094 (2020/07/13 00:27:19時点 Amazon調べ-詳細)

チョコベビージャンボ

ウェストポーチに入るサイズで、サッと取り出して糖分補給できて便利でした。

created by Rinker
明治(菓子)
¥1,944 (2020/07/13 00:59:20時点 Amazon調べ-詳細)

POINT6の靴下

メリノウールを使用した靴下。マメがほとんどできません。

今回、ヒザの痛さが耐えられなかったから、ヒザサポーターとか使おうかな…

created by Rinker
POINT6(ポイント6)
¥2,387 (2020/07/13 01:16:09時点 Amazon調べ-詳細)

レース中に食べたもの

  • 井村屋スポーツようかん7本
  • おにぎり3個
  • ウィダーinゼリー3個
  • はちみつジェル1個
  • うどん1杯
  • スープ1杯
  • チョコベビージャンボ1個
  • キャラメル4個
  • アミノバイタル(サプリ)3本

はちみつやあんこはその場でエネルギーになるため、食べた瞬間元気になるのを感じます。

ご飯などの炭水化物は消化されてエネルギーになるまで、「90分かかる」といわれています。体力に余裕がある時に食べて、エネルギーを蓄えましょう。

レースを終えて

「箱根古道と駅伝の道 ウルトラウォーキング」では、レースの最後に20kmの登りが待っています。

箱根旧街道

この登りに余裕を持って挑めるよう、速めのペースで歩いたら、登りに挑む前にリタイアという悔しい結果に。

これでわたしの100kmウォークの成績は「2勝2敗」。なかなか厳しい戦いだな。

レースに参加したばかりの頃は、大きなものにチャレンジするワクワク感、冒険感があったけど、最近はちょっとマンネリ気味。

またやる気と元気がわいてくるまで、しばらくゆっくりします。

関連記事

  1. トレーニング用シューズ

    100kmウォーク

    100km歩くにはどんな靴がいいの?おすすめのシューズをまとめました

    100kmウォークに必要な持ち物まとめ↓100kmウォーク持ち物ま…

  2. 霞ヶ浦ウルトラフリーウォーキング・スタート
  3. おすすめの行動食

    人気の記事ベスト10

    100kmウォーキングに持っていきたい!おすすめの行動食8選

    レース中の栄養補給に!おすすめの行動食をまとめました24時間歩き続…

  4. 人気の記事ベスト10

    あなたも100km歩ける!長距離ウォーキングのトレーニング方法

    100kmを歩くためのトレーニング方法まとめ過酷な100kmウォー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. レンジ破壊
PAGE TOP