富士山

100kmウォーク

32時間歩けますか?地獄の富士山一周ウルトラウォーキングに参加した話 その1

制限時間は32時間!過酷なウォーキングレースに挑め

2019年、4月27日。わたしは「富士山一周ウルトラウォーキング」というイベントに参加しました。
これは「富士山の周り125kmを、歩いてぐるっと一周する」という過酷なレース。制限時間はなんと32時間です。

わたしは去年「霞ヶ浦ウルトラウォーキング」という、総距離104kmのレースにゴールした実績があります。
104km歩けた自分なら、125kmのレースだってきっと踏破できるはず。
しかし、このレースはそんなに甘くないことを、わたしは身をもって知ることになります。

レース会場へ向かう

レース当日の朝。
富士宮市のゲストハウスに宿泊したわたしは、レース会場である「富士山本宮浅間大社」に向かいます。
せっかくなので浅間大社にお参りして、レースの無事をお祈りしましょう。

「おっ、もう結構集まってるな」
受付にはすでにレース参加者たちの姿がありました。
ウルトラウォーキングは「完走率60%」と言われるほどの過酷なレース。
そのため、会場にはどこかピリピリした雰囲気が漂っており、身を引き締めてくれます。

今回のレース参加者は237人。果たして、この内の何人がゴールできるのでしょうか……

レーススタート!

参加者の受付が終わり、開催者の挨拶が済むと、いよいよレーススタートです。
「それでは第三回、富士山一周ウルトラウォーキングスタート!」
ゼッケンナンバーが低い人達から、順にスタートしました。

レースのスタート前、わたしはとある男性に。
「それじゃ、お互いにがんばりましょう!」と挨拶しました。
彼は同じゲストハウスに泊まっていた人で、彼もウルトラウォーキングに参加すると知り、意気投合したのです。

午前9時10分。わたしのグループがスタートします。

・富士山浅間大社~1srエイド(9:10・0km)

浅間大社を出た一行は、1stエイドの「白糸の滝」を目指して歩きます。
道はゆるやかな上り坂。
周りの人が速いのか、何人もの人が自分を追い抜いていくけれど、ウルトラウォーキングはマイペースで歩くことが肝心。
あせらずゆっくり進みます。

過酷さ倍増!雨に見舞われる

歩き始めて30分後。空からパラパラと雨が降りはじめました。
うーん、雨かぁ……
体力の温存が第一の耐久レースで、いきなりの雨。今回のレースは波乱の幕開けとなりそうです。
雨が降ると、座って休むこともできないし、地図やスマホが使えないし、いろいろ不便なんだよなぁ。

午前11時30分、1stエイドの「白糸の滝公園」に到着。

靴が濡れてしまったので、靴下を脱ぐと足をよく拭きました。
足を濡らしたまま歩くと、ふやけてマメができる恐れがあるのです。

空は完全に煙っていて、その気になれば1日中降りそうな気配。
雨宿りしても仕方がないので、トイレを済ませるとすぐに出発します。

1stエイド~休憩場所(11:30・11km)

白糸の滝公園を出てしばらく歩くと山道に入りました。
人気がない道をひたすら進みます。
富士山ウルトラウォーキングは
「富士山を見ながら歩ける」のがウリなのに、この天気ではなにも見えません。

雨は止むどころか激しさを増し、全身濡れねずみ状態。もう靴がびしょびしょだよ……
顔にベタベタとまとわりつく雨がうっとうしくて、正直、叫びたくなるような気持ちでした。
まいったな、まだ歩き始めて3時間なのに、心がめげかけている……

また、歩いている道も上り坂が多くて、足への負荷も高めです。
前回参加した「霞ヶ浦」のレースは開催地が湖だったけど、今回はまるっきり山道。
レースに向けて平地トレーニングしかしてこなかったことを、軽く後悔しました。

午後2時、休憩場所の「ファミリーマート富士見朝霧店」に到着。
休憩したくても雨はどしゃ降りで、腰を下ろすことすらできません。

休憩場所~2ndエイド(14:00・23km)

顔を叩いて気合を入れると、土砂降りの道へと歩き出しました。

スタート前に運営の人が
「天気予報では夕方には晴れるそうです。富士山がきっと見えますよ!」
と言っていたけれど、本当かな……。

午後3時、山梨県の「富士河口湖町」に突入。

ついに雨が止む

そして午後3時30分、ようやく雨が上がりました。
ああ。雲の割れ目から、青空が見えたときの嬉しさといったら!

ふと脇を見ると、日差しを浴びてキラキラと輝く本栖湖の景色が。
雨にも負けずに歩き続けたかいがあったなと、嬉しい気持ちになりました。

午後4時20分、2ndエイドの本栖湖駐車場に到着。
エイドでは豚汁が振る舞われていました。冷えた体に、温かい豚汁はとてもありがたい!
思わずおかわりするおいしさでした。

濡れた靴下を取り替えて、しっかり休憩を取ると、次のエイドに向けて出発。

ふと、目の前に巨大な山がそびえ立っているのが見えました。
あの堂々たる風格。さすがは富士山です。

2ndエイド~3rdエイド(16:20・35km)

日が沈みかけた道をひたすら歩きます。
それにしても恐ろしいのが、
「スタートしてから7時間以上、ずっと上り坂を歩いている」

ということ。

上り坂は平地よりも負荷が高いし、息も上がります。
カーブを曲がると次の上り坂が待っていて、またカーブを曲がると次の上り坂が待っている……
この「上り坂が終わらない」ことも、精神的に辛い。

そして、やっと気づいたのです。
「富士山一周ウルトラウォーキングは、中・上級者向けのレースだ」と。
レースの参加を考えている人がいたら、この圧倒的な上り坂への対策を練るといいかもしれません。

この時から、精神的にも肉体的にも疲れ始めており、
・歌を全力で歌って元気を出す
・ひとりごとで自分を励ましまくる
・面白かった芸人のコントを一人で再現する
などの奇妙な振る舞いを取るように。それぐらい気持ちが辛かったのです。

午後6時30分、3rdエイドの富岳風穴駐車場に到着。(スマホ充電中のため写真はなし)
この頃には日が沈みかけており、気温は3℃まで下がっていました。

3rdエイド~4thエイド(18:30・43km)

日没後の道を歩きます。
「もう、一体いつになったら上り坂が終わるんだ!」
まるで無限ループのように続く上り坂に、心がボッキリと折れてしまいそうでした。
足はふくらはぎの筋肉がパンパンで、まるで風船みたいに膨らんでいます。

この時は体力も尽きかけで、
「もう歩けない→底力が発動して元気になる→やっぱりもう歩けない」
という状態の繰り返しでした。

午後8時30分、4thエイドの「ファミリーマート河口湖フォレストモール前店」に到着。
この時点で歩行距離は52km。まだ、全行程の半分も歩けていない……
「レースを完走する」という目標に、黄色信号が灯った瞬間です。

エイドではカレーうどんが振る舞われていました。
疲れているけど食欲はあるので、たっぷり食べます。

4thエイド~5thエイド(20:30・52km)

富士急ハイランドのそばを通行。

この時点で、足腰はボロボロでした。
足は一歩歩くだけでズキズキ。まるで、裸足で石を踏んづけたような痛さです。
腰は針金を通したみたいに固くなっていて、ほんの少しも曲げられません。

腰が痛くなると、座って休憩することもできなくなってしまいます。
なぜなら座る時に腰を曲げると、思わず声が出るほど痛いから。
かといって、このまま歩き続けるのも辛い……。

トレッキングポールをつきながら、ほとんどおじいさんのような速度で歩きました。

午前0時。5thエイドの「山中湖畔駐車場」に到着。
エイドではお汁粉が振る舞われます。甘くて温かくて、疲れた体に沁みます。

「すみません、リタイアでお願いします」
休憩していると、女性二人組が、スタッフにリタイアを告げていました。

リタイアか……
この時、わたしの脳裏には鮮明にリタイアの文字が浮かんでいました。

その2

関連記事

  1. 霞ヶ浦ウルトラフリーウォーキング・スタート
  2. 人気の記事ベスト10

    あなたも100km歩ける!長距離ウォーキングのトレーニング方法

    100kmを歩くためのトレーニング方法まとめ過酷な100kmウォー…

  3. おすすめの行動食

    人気の記事ベスト10

    100kmウォーキングに持っていきたい!おすすめの行動食8選

    レース中の栄養補給に!おすすめの行動食をまとめました24時間歩き続…

  4. 霞ヶ浦ウルトラフリーウォーキング・スタート
  5. レーススタートの瞬間
  6. 箱根湯本の景色

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ランドマークタワーを背景に記念撮影!
  2. アロマオイルに使われている植物
  3. BettySmith 恵比寿工房
  4. レンジ破壊
PAGE TOP