霞ヶ浦ウルトラフリーウォーキング・スタート

人気の記事ベスト10

これを読めば100kmウォークのすべてがわかる!~100kmウォークの入門書~


100kmウォークって何?

100kmウォークとは、100km以上のコースを「歩いて」踏破するレースのこと。
制限時間は約24時間で、不眠不休で歩かなければなりません。

レース中は自分のペースで歩けますし、休憩も自由です。ただし、走るのは禁止です。

ツアー中には「エイド」と呼ばれる補給地点があり、飲み物や軽食が振る舞われます。
道中のコンビニなども利用できるため、食べ物や飲み物が切れる心配はありません。
また、途中でリタイヤも可能です。

初めての人でもゴールできる?

100kmウォークのゴール率は「60~70%ほど」と言われています。
「100人中、ゴールできるのは60人」と考えると、結構厳しいかもしれません。

テレビ金沢チャレンジ 100kmウォーク

ですが、参加者の声を調べていると「初めてでもゴールできた!」という声をちらほら見かけるため、
思い切って参加してみてはいかがでしょうか。

100kmウォークはどこで開催されているの?

100kmウォークは「北は北海道」から「南は鹿児島」まで、
全国で開催されています。

全国の100kmウォークまとめ(北海道~関東)

全国の100kmウォーク

全国の100kmウォークまとめ(関西~九州)

全国の100kmウォーク

100kmウォークに必要なもちものは?

100kmウォークに必要な持ち物は、主に
・靴(シューズ)
・靴下
・リュックサック
・食べ物・飲み物
などです。

東海道ウォーキングにおすすめのリュック

ポイントは「荷物はなるべく少なくして、重量を軽くする」こと。
あれもこれもと持っていくと、重い荷物に体力を消耗してしまいます。

詳しくは下記リンクをご参照ください。
100kmウォークのもちものまとめ↓
もちものまとめ

どんな靴がおすすめ?

100kmウォークで歩くのは、99%が
「コンクリートの舗装路」です。

100kmウォークにおすすめの靴
硬い舗装路を歩くのにおすすめの靴は

・軽い(疲れにくい)
・クッション性がある(足が痛くならない)
・通気性が良い(ムレない)

の三拍子が揃った「ランニングシューズ」です!

おすすめのシューズまとめはこちら↓

おすすめのシューズまとめ

おすすめのリュックは?

100kmウォークに使うリュックは「登山用リュック」がおすすめ。

100kmウォークにおすすめのリュック

  • 容量が十分ある(20L~30L)
  • 肩と腰で背負うため、上半身への負担が少ない
  • 通気性が良い(汗をかきにくい)
  • 背中に密着するので、背筋を伸ばして歩ける

などのメリットがあります。

おすすめのリュックまとめはこちら↓

おすすめのリュックまとめ

レース中は何を食べるの?

長距離を歩いていると、胃が食べ物を受け付けなくなり、
おにぎりすら食べられなくなるときがあります。

そのため、100kmウォークでは「行動食」をおすすめしています。
「ようかん・チョコ・もち菓子」など、少量で高エネルギーを摂取できる行動食を準備しましょう。

おすすめの行動食

おすすめの行動食まとめはこちら↓
おすすめ行動食まとめ

どんな場所を歩くの?

100kmウォークは「小豆島を一周歩く」「琵琶湖を一周する」「しまなみ海道を横断」など、
コースも千差万別です。

    

コースによって難易度が変わるのも特徴で、
たとえば「霞ヶ浦一周ウルトラフリーウォーキング」というレースでは、
湖の周りを歩くため、道がずっと平坦
初心者向けのレースとなっています。

逆に「富士山一周ウルトラフリーウォーキング」では、
富士山の周り(山道)を歩いて一周するため、
アップダウンが激しく中~上級者向けとなっています。

富士山

ゴールを目指すなら、事前にコースの特徴を調べてみましょう。

100kmウォークの参加資格は?

100kmウォークに参加資格はありません。年齢制限は「成人以上」を対象としているものが多いです。
中には「70歳でゴールした」という人もいます。

参加費はいくらぐらい?
100kmウォークの参加費は基本的に1万円近くします
わたしは「せっかく1万も払ったんだから、絶対にでもゴールしてやる!」
という意地が生まれました。

どんなトレーニングをしたらいいの?

100kmウォークにゴールしたいなら、とにかく「長距離を歩く」
ことです。長距離を歩いているうちに、

  • 正しい歩き方が身につく
  • 休憩を取るタイミングがわかる
  • 体力・精神力が鍛えられる

などの知識・テクニックが身につきます。

詳しいトレーニング方法についてはこちら↓
トレーニング方法まとめ

筆者のウォーキングレベルについて

わたしのレベルは「1日に40km歩ける(東京~横浜間)」
東海道500kmを歩いて横断したことがある

ぐらいのレベルです。

100kmウォークは初参加だったけれど、120人中70位でゴールできました。

ゴールまで26時間も歩くことになり、頭はフラフラ、体はボロボロ。
「人生で辛かった出来事ベスト3」に入るレベルでした。

そんな過酷なイベントですが、
「自分の限界にチャレンジする!」というスリルを感じたり、

辛さが限界を超えて「ウォーキングハイ」になることがあったり、
ゴールしたあとに祝宴を上げたりと、
「辛いからこその楽しさ」もたくさんあるツアーです。

レースの体験レポートはこちら。
「東京エクストリームウォーク100」という、小田原~東京を歩くレースに参加したときのレポートです。

レースの体験レポートを見る

100kmウォークの種類について

レースには2種類あります。
1つは、参加者が自由なペースで歩く「フリーウォーク」
100kmウォークのほとんどがこのフリーウォークです。

もう1つは、参加者全員または5人ほどのチームで歩く「グループウォーク」です。
初めての人は「グループウォーク」がおすすめです。

茅ヶ崎市の海岸沿い

100kmウォークって楽しいの?

はっきりいって、辛さ8割・楽しさ2割ぐらいです。
24時間も歩き通すため、ボロボロに疲れます。丸一日眠れないため、徹夜の辛さもプラスされます。

24時間歩いたあとの顔

ツアーが終わった後、わたしは
「もう二度と参加するか!」

と思ったけれど、終わってしばらくすると
「今度は尾道のツアーに参加してみたいな」「今度は24時間でゴールしたいな」
など、次のレースのことを考えていました。
100kmウォークには、麻薬のような不思議な魅力があるのです。

100kmウォークはどんな人におすすめ?

100kmウォークに向いているのは

  •  歩くのが好きな人
  •  自分の限界を超えてみたい人
  •  大きな目標にチャレンジしたい人
  •  ゲームで「ハードモード」を選ぶ人

などです。


関連記事

  1. レーススタートの瞬間

    人気の記事ベスト10

    小田原から東京まで歩こう!東京エクストリームウォーク100に参加した話 その1

    小田原~東京を歩いて横断しよう。東京エクストリームウォー…

  2. おすすめの行動食

    人気の記事ベスト10

    100kmウォーキングに持っていきたい!おすすめの行動食8選

    レース中の栄養補給に!おすすめの行動食をまとめました24時間歩き続…

  3. 100kmウォーク

    小田原から東京まで歩こう!東京エクストリームウォーク100に参加した話 その2

    小田原から東京まで歩こう!東京エクストリームウォーク10…

  4. 人気の記事ベスト10

    【完全版】浅草で楽しめる遊び・体験のお店12選!観光やデートにどうぞ

    ガラス細工から金魚すくいまで!浅草で楽しめる遊び・レジャー施設12選…

  5. 人気の記事ベスト10

    高さ100mからダイブ!日本一のバンジージャンプを体験

    高さ100mからジャンプ!日本一のバンジージャンプを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 自分で点てたお抹茶と一緒にいただきます
  2. 脱出ゲームをやる人たち
  3. レーススタートの瞬間
  4. 霞ヶ浦ウルトラフリーウォーキング・スタート
}
  1. アクティビティまとめ

    筒の中に広がる宇宙。神田で万華鏡作りを体験(※成城に移転しました)
  2. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】「出発の日」~1日目
  3. 人気の記事ベスト10

    高さ100mからダイブ!日本一のバンジージャンプを体験
  4. アクティビティまとめ

    自分の名前やイラストを彫ろう!浅草でガラスのハンコ作り
  5. コラム・エッセイ

    あなたの家にサンタクロースがやってくる!?NPO法人チャリティーサンタに参加した…
PAGE TOP