人気の記事ベスト10

100km歩くウルトラウォーキングに参加しよう! ~レースについて~


・ウルトラウォーキングって何?

ウルトラウォーキングとは、およそ100km以上のコースを「歩いて」踏破するレースのことです。

イベントは下記サイトなどで開催・検索できます。

アクトレップ(株)ウルトラウォーキング

スポーツエントリー ウォーキングイベント

レース中は自分のペースで歩くことができ、休憩も自由。ただし、走るのは禁止です。

ツアー中には「エイド」と呼ばれる補給地点があり、飲み物や軽食が振る舞われます。
道中のコンビニなども利用できるため、食べ物や飲み物が切れる心配はありません。
また、途中でリタイヤも可能です。

・必要なもちものは?
ウルトラウォーキングに必要な持ち物については
こちらをご参照ください。

・どんな場所を歩くの?
ウルトラウォーキングは
「石垣島を歩く」「諏訪湖を一周する」「しまなみ海道を歩く」など、
さまざまな場所で開催されています。
ただレースするだけでなく、旅情気分も味わえるのが魅力です。

    

・参加資格は必要?
参加資格はありません。対象年齢を満たしている人なら、誰でも参加できます。
中には「70歳でゴールした」という人もいます。

・参加費はいくらぐらい?
参加費は基本的に1万円を越えます。
わたしは「せっかく1万も払ったんだから、絶対にでもゴールしてやる!」
という意地が生まれました。

・初めての人でもゴールできる?
ウルトラウォーキングのゴール率は「60~70%ほど」と言われています。
100人中、ゴールできるのは60人と考えると、結構厳しいかもしれません。
ですが参加者の声を調べていると「初めてでもゴールできた!」という声をちらほら見かけるため、
初めての人も思い切って参加してみてはいかがでしょうか。

いきなり100km以上歩くのは不安という人は、
40~60kmのレースから参加してみるのもおすすめです。

・筆者のウォーキングレベルについて

わたしのレベルは「1日に40km歩ける(東京~横浜間)」「東海道500kmを歩いて横断したことがある
ぐらいのレベルです。
ウルトラウォーキングは初参加だったけれど、120人中70位でゴールできました。

ゴールまで26時間も歩くことになり、頭はフラフラ、体はボロボロ。
「人生で辛かった出来事ベスト3」に入るレベルでした。

そんな過酷なイベントですが、
「自分の限界にチャレンジする!」というスリルを感じたり、

辛さが限界を超えて「ウォーキングハイ」になることがあったり、
ゴールしたあとに祝宴を上げたりと、
「辛いからこその楽しさ」もたくさんあるツアーです。

・ウルトラウォーキングの種類について

レースには2種類あります。
1つは、参加者が自由なペースで歩く「フリーウォーク」。
もう1つは、参加者全員または5人ほどの団体で歩く「グループウォーク」です。
初めての人は「グループウォーク」がおすすめです。

・楽しいの?
はっきりいって、辛さ8割・楽しさ2割ぐらいです。
24時間も歩き通すため、まずボロボロに疲れます。丸一日眠れないため、徹夜の辛さも+されます。

24時間歩いたあとの顔

ツアーが終わった後、わたしは
「もう二度と参加するか!」

と思ったけれど、終わってしばらくすると
「今度は尾道のツアーに参加してみたいな」「今度は24時間でゴールしたいな」
など、次のレースのことを考えていました。
ウルトラウォーキングには、麻薬のような不思議な魅力があるのです。

・どんな人におすすめ?
 ・歩くのが好きな人
 ・自分の限界を超えてみたい人
 ・大きな目標にチャレンジしたい人
 ・ゲームで「ハードモード」を選ぶ人
 などです。

ウルトラウォーキング・持ち物編へ


関連記事

  1. 人気の記事ベスト10

    2019年開催のウルトラウォーキングまとめ!注目のレースはこれだ!

    ウルトラウォーキングって何?ウルトラウォーキングとは…

  2. 人気の記事ベスト10

    100kmウォーキングに持っていきたい!おすすめの行動食8選

    レース中の栄養補給に!おすすめの行動食をまとめました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. レーススタートの瞬間
  2. 女性は女性用ザックがおすすめ
}
  1. あそびのずかん

    冬の御岳山で滝行したら、死ぬほど寒かった話
  2. 人気の記事ベスト10

    手のひらに広がる宇宙。「宇宙ガラス」を作ってみた+宇宙ガラスを体験できるお店まと…
  3. 雑多な文章

    山or海で初日の出を見る方法をご紹介。今年の大晦日は、初日の出を見に行こう!
  4. あそびのずかん

    アメに命を吹き込もう。浅草「アメシン」でアメ細工を体験
  5. あそびのずかん

    筒の中に広がる宇宙。神田で万華鏡作りを体験(※成城に移転しました)
PAGE TOP