アクティビティまとめ

雨の日を楽しく。新御徒町の傘専門店で、折りたたみ傘を製作


自分だけの傘がほしい!御徒町で傘を作ってみた

雨の日の必需品である傘。
日常的に使うものだけれど、安いビニール傘を使ったり、どこかに置き忘れたり、
傘に愛着がある人って、あまりいないのではないでしょうか。

せっかくならお気に入りの傘がほしい。
それなら自分で作ってみようと、マイ傘を作ってみることに。

新御徒町にある傘屋さん「ぷらすにこ」へ

傘作りを体験できる傘屋さん「ぷらすにこ」は、新御徒町の佐竹商店街にあります。

ぷらすにこ
https://plusnico.co.jp/

佐竹商店街はブティックや薬局、食堂などが並ぶ、レトロな町並み。

  

「ぷらすにこ」は、雨具や傘を専門に扱う、下町の傘屋さん。
店内には傘はもちろん、傘の持ち手や生地まで販売されています。
人気の商品はオーダーメイドの傘で、生地やパーツを自由に選んで作れるのだそう。

  

ひたすら裁縫。マイ傘作り

傘作りのスタート。
指導してくれるのは、お店の代表である北川篤さん。
元は洋傘メーカーに勤務していたのですが、中国の安価な傘が増え、国内の傘が減少していく現状に
危機感を覚え、傘職人に転身した方です。

最初の作業は、生地を選ぶところから。
ベーシックなチェック柄が目を引きましたが、せっかくのマイ傘なので、とびきり目立つやつがいいな……

ということで、真っ赤な生地を選びました。

まずは「菊座」と呼ばれる、傘のてっぺんに付けるパーツを縫います。

針仕事が苦手で、糸通しすら怪しい自分にとって、最初から難所です。
おっかなびっくりで菊座を縫うと、講師の方が菊座を傘のてっぺんに装着。
こうすることで、傘の内部が濡れなくなるのだそう。

つゆ先の縫合

続いて、「つゆ先」と呼ばれる傘の骨組みに、赤い生地を縫い付けていきます。
これもひたすら裁縫あるのみ。
特定の角度から針を通したり、数ミリの幅を縫ったり、繊細な作業が続きます。
これが学校の課題か何かだったら、誰かにやってもらうか、最悪ボイコットしているかも……

中綴じの縫合&完成

お次は「中綴じ」と呼ばれる作業。
傘の骨組みの部分と、生地を縫い付けていきます。
もちろんこれもひたすら縫うのみ。

繊細な作業が続き、目元はしぱしぱ、指先はぶるぶると震えます。
講師の人に「ここ、やってもらっても良いですか?」
と言いたくなるのをぐっとこらえ、2時間後、ようやくマイ傘が完成。

自作の傘は、パッと見では手づくりとわからないほどの完成度。
傘はちょっと小さめサイズで一人用です。

 

詳細をよく見ると手縫いのあとがちゃんと残っていて、
手づくりならではの味を感じます。

レトロな街歩きを満喫

体験後は街歩き。ふと、古びた食堂を発見。
すっかりホコリを被った食品サンプルが、店の歴史を感じさせます。

    

焼きそば(肉なし)を注文。値段は420円。
お肉がなくても焼きそばっておいしい。
小学生の時にキャンプで食べた焼きそばのような、素朴な味がしました。

傘を使う時はすぐにやってきました。
帰り道で空が暗くなったかと思うと、ポツポツと雨が降り始めたのです。

バッグから作りたての傘を取り出すと、傘を差します。
周りの人はみんな傘を差しているけれど、自作の傘を使っているのは自分だけーー
傘を差しているだけなのに、なんだか誇らしげな気持ちになりました。

店舗情報

店舗名「ぷらすにこ」
住所:〒110-0016
東京都台東区台東4-22-10

営業時間:
平日 10:00-19:00
土・日 11:00-18:30
メールアドレス: info@plusnico.co.jp

 


関連記事

  1. アクティビティまとめ

    アロマの香りがふんわり。曳舟のキャンドル教室でアロマサシェ作り

    アロマの香りがふんわり。ボタニカルサシェ作り会社の友達が…

  2. アクティビティまとめ

    ハーバリウムを贈ろう!巣鴨のアトリエでハーバリウムペンを作ってみた

    いつも手元にお花を。ハーバリウムボールペンを作ってみた…

  3. アクティビティまとめ

    自分の名前やイラストを彫ろう!浅草でガラスのハンコ作り

    リューター体験で、ガラスのハンコを彫ってみた子どもの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 手織工房じょうた
  2. バンジージャンプ
  3. 自分で点てたお抹茶と一緒にいただきます
  4. 脱出ゲームをやる人たち
  5. レーススタートの瞬間
PAGE TOP