あそびのずかん

アロマの香りがふんわり。曳舟のキャンドル教室でアロマサシェ作り


アロマの香りがふんわり。ボタニカルサシェ作り

会社の友達が退職することなり、ちょっとしたプレゼントを贈ることにしました。
プレゼントといえば手作りでしょと、キャンドル教室「オレンジろうそく」でボタニカルサシェを作ることに。

お店は曳舟駅から徒歩10分ほどの場所にあります。スカイツリーがとても近く、その眺めは圧巻。
まずは、一階のカフェ「IKKA」にお邪魔します。

   

 店の奥に「オレンジろうそく」と書かれた看板があるので、二階へ。

 

こぢんまりとしたお店の中に、キャンドルやドライフラワーなどがギッシリ並んでいます。
その光景は男が入るのがためらわれるくらい、かわいくてファンシーな空間。

教室内はアロマの香りが漂い、懐かしの洋楽が流れています。
まるでカフェでくつろいでいるような居心地の良さでした。

 

ボタニカルサシェの作り方

ボタニカルサシェの作り方は、いたってシンプル。
型紙にお花を並べて、ロウを流し込むだけ。
お花はドライフラワーを使用しており、花の美しさがいつまでも楽しめるのだそう。

ロウを溶かして型に流し込んだら、お花をブスッと刺していきます。

 ロウが固まるのを待つ間、一階のカフェでティータイム。(おやつ代は体験料に含まれています)

カフェでは水出し紅茶とショコラを頂いきました。
紅茶は苦味のないスキッとした味で、砂糖なしでもゴクゴク飲めるおいしさ。

ショコラもベタベタしない、ちょうどいい甘さで、良いティータイムになりました。

  

30分ほど待つと、キャンドルが固まり、アロマサシェの完成。
まるで小さな花束みたいな、かわいいサシェになりました。

今回、男一人の参加ということで不安だったのだけれど、
講師の方がとても親身に接してくれたため、安心して作業できました。
「では○○さん、よろしくお願いします」「○○さん、うまくできた?」
と、名前で呼んでくれるところがとても親しみを感じられます。

その日は20代の女性2人も参加したのだけど、みんなでワイワイ喋りながら作業できました。

後日、友達にサシェを渡したけど、
「えっ、まさかの私に? ありがとう!」
と、喜んでもらえました。

 おさらい・ボタニカルサシェの作り方

・まずは好きなロウの色を選ぶ
・好きな香りを選ぶ
 ・ドライフラワーを、型に置く
・ロウを溶かす
・ロウを型に流し込む
・1階のカフェでお茶を飲みながら待つ
・ロウが固まったら完成

オススメポイント

・女性へのプレゼントにオススメ
・カフェのお茶付きなので、のんびりくつろげる
・講師の人が親切だし、とても居心地が良い


ピックアップ記事

  1. 浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ

関連記事

  1. あそびのずかん

    アメに命を吹き込もう。浅草「アメシン」でアメ細工を体験

    浅草で飴細工を体験ツイッターで浅草の遊びを探していた…

  2. あそびのずかん

    東京で楽しめるガラス細工9選!コップにハンコ、アクセサリーなどを作ろう

    都内でガラス作りを楽しめる9つのお店を、厳選してピックア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

}
  1. あそびのずかん

    手のひらに広がる宇宙。「宇宙ガラス」を作ってみた+宇宙ガラスを体験できるお店まと…
  2. 遊びの特集記事

    浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ
  3. コラム・エッセイ

    あなたの家にサンタクロースがやってくる!?NPO法人チャリティーサンタに参加した…
  4. 100km歩くウルトラウォーキング

    24時間歩けますか?地獄の「ウルトラフリーウォーキング」に参加してみた (その1…
  5. 雑多な文章

    山or海で初日の出を見る方法をご紹介。今年の大晦日は、初日の出を見に行こう!
PAGE TOP