東海道・京都まで歩いて行ってみた

【東海道・徒歩の旅3】静岡・三島~静岡市


東海道・徒歩の旅2へ

静岡駅を目指す旅

前回の旅で箱根峠を越えたわたしは、静岡県・三島まで行きました。
今回の目的地は、静岡駅です。

今回の旅路(64.6km)

https://goo.gl/maps/hiJykV4nDX42

7日目・三島~新富士(25km)

いつものように、東京からセーブ地点である三島駅に戻ります。
三島駅を出て歩いていると、駿河湾に出ました。

そこには「千本松原」と呼ばれる松林が広がっており、なんとも明光風靡な景色です。
 幹のしっかりした松が、ゆるりとした曲線を描く光景は、浮世絵などに出てくる昔の日本を思わせました。


そのまま駿河湾沿いをテクテク。
駿河の海はとても静かで、あまりに何も聞こえないため、自分の耳が心配になるほどでした。
また、波一つ起きない海は、見ていて心が落ち着きます。
 

 

 

静岡を歩いているとものすごく「望月さん」が多いということに気づきました。
お店の看板から代議士のポスター、コンビニの店員さんまで、みんな名字が「望月」なのです。

  

日が暮れた頃、田子の浦を歩きます。

謎の入り口 

夜、新富士にあるホテルに到着しました。
とあるビジネスホテルに泊まったら、
・フロントに凶悪犯罪者の指名手配書がデカデカと貼ってある
・部屋のいたるところに「ここでタバコを吸わないで」という張り紙がある
・にもかかわらず、部屋中にタバコの焦げ跡がある

という、なかなか危険な香りのするホテルでした。

港があるから、日雇い労働者などの流れ者が集まるのでしょうか?

8日目・新富士~清水 (24km)

朝から黙々と歩いていると、昼時に、静岡市に突入しました。
静岡といえば富士山だけど、今回は天気が悪く、一度も見ることができなくてちょっと残念。

一瞬だけ富士山が見えた瞬間

「蒲原宿」と呼ばれる宿場を歩きます。
そこは東海道が賑わっていた当時の町並みが残っている、とても風情がある町。
こころなしか、静岡は東海道にまつわる資料館などが多くて、東海道を大事にしている印象があります。

    

お昼に食べたのはおそば。
清水名物の「桜えび」を使ったかき揚げが入っており、これが絶品でした。

まず、食感が良い。まるでせんべいみたいにパリパリで、噛むたびにエビの香ばしい味がします。
また、えび塩をかけて食べると、エビの風味が増しておいしい!

今までは歩くのに精一杯で、ご当地グルメなど味わう余裕がありませんでした。長時間歩いていると、胃が食べ物を受け付けないのです。
でも、体力が付いたのか、今では静岡のグルメも満喫しようという余裕が出てきました。

この時、自分は本格的に旅を楽しみ始めていました。
少しずつだけど、確実に遠く遠くへと向かっているこの感覚。そして、どんどん知らない景色を訪れていく、この旅情感。

「自分は旅をしているんだ!」
思わず両手を広げて叫びたくなるような、そんなハイ状態になることが何度もありました。

そんな中、わたしは大きなハプニングに見舞われたのです。

それは東名高速沿いの道を歩いていた時のこと。
道にはたくさんゴミが捨てられており、その中に鉄の輪っかがありました。 

憎き鉄の輪

気づかずに輪っかのはしっこを踏むと、輪っかがピーンと起き上がり、わたしの足を引っかけました。
どんなにもがいても、輪っかは動きません。なぜならもう片方の足が、輪っかを踏んづけているからです。

わたしはジタバタともがきながら転倒。両手両足を、思い切り地面に打ち付けました。
あまりの痛さに、しばらく動けないほど悶絶。大人になって転ぶと、子供の頃の何倍も痛い気がする…… 

両手両足を擦りむいてしまい、特に右足の出血がひどい状態。タオルを巻いても血が滲んで、ちょっと心配になりました。

この時、神奈川で疲れて歩けなくなった時と同じように、「やり場のない怒り」に見舞われました。
こんな場所にゴミを捨てたのは誰だ、どうして徒歩旅で足をケガしなきゃいけないんだ。
どうして気分の良い時に限ってケガをするんだ、傷の手当をしたいのに、どうしてコンビニも、水場もないんだ?

怒りは収まらなかったけれど、結局「どんなに怒っても歩くしかない」という結論に落ち着き、旅を続けました。

 

歩くたびに傷口が痛むのに耐えながら、なんとか清水に到着。
その日は特に夕陽がキレイで、怪我してへこんでいる自分をなぐさめてくれました。

ホテルに着くと、お風呂に入った。
傷口がしみないよう、両手をバンザイして、両ヒザを立てた状態で湯船に入ろうとしたが、それは至難の技だった。 

9日目・清水~静岡駅 (11km)

朝から3時間ほど歩いて、正午ごろ、目的地の静岡駅に到着。
キリも良いし、負傷した足が痛いし、とっくに帰りたい気分。
でも「もう一駅だけ頑張ろう」と気持ちを奮わせて「安倍川駅」まで歩くと、東京に帰りました。 

  

転んだヒザの痛みは一ヶ月も続きました。

今回の旅路(64.6km)
https://goo.gl/maps/hiJykV4nDX42

全体の旅路(173km)
https://goo.gl/maps/ULFnSpBqFpC2

東海道・徒歩の旅4へ


ピックアップ記事

  1. 浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ

関連記事

  1. 東海道・京都まで歩いて行ってみた

    【東海道・徒歩の旅5】愛知~三重(その1)

    東海道・徒歩の旅4から2016年3/18~22日春の3連休。2…

  2. 東海道・京都まで歩いて行ってみた

    【東海道・徒歩の旅1】(東京~神奈川)

    東海道を歩いて日本橋~神奈川(大磯)を歩いた話2016年5月…

  3. 東海道・京都まで歩いて行ってみた

    【東海道・徒歩の旅4】静岡~愛知

    東海道・徒歩の旅3から2016年12月23~27日東海道の旅も…

  4. 東海道・京都まで歩いて行ってみた

    【東海道・徒歩の旅7】三重~京都(最終回)

    東海道・徒歩の旅6から2017年5月待ちに待っていたGWがやっ…

  5. 東海道・京都まで歩いて行ってみた

    【東海道・徒歩の旅6】愛知~三重(その2)

    東海道・徒歩の旅5から17日目 豊明市~三重県 桑名市(27km)…

  6. 東海道・京都まで歩いて行ってみた

    【東海道・徒歩の旅2】(神奈川・大磯~三島)

    前回の旅から4日目 大磯~箱根湯本9月の3連休のこと。自分は再…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

}
  1. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.27】手のひらに広がる宇宙。「宇宙ガラス」を作ってみた
  2. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.12】好きな絵をスノードームに!浅草で『3月のライオン』の…
  3. 雑多な文章

    山or海で初日の出を見る方法をご紹介。今年の大晦日は、初日の出を見に行こう!
  4. 100km歩くウルトラウォーキング

    100km歩くウルトラウォーキングに参加しよう! ~レースについて~
  5. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.18】その一撃にすべてを賭けろ。浅草「カワラナ」で瓦割り体…
PAGE TOP