北海道・電車で一周の旅

【北海道・電車で一周の旅】 川湯温泉と幽霊ホテル ~8日目


釧路川でカヌー体験 ~7日目 その2から

北海道一周の旅の記事一覧へ

霧の摩周湖を見に行く

目が覚めた時、全身がずっしりした疲労感に包まれていました。
頭も体も鉛のように重くて、布団から出るのもやっとの状態です。
昨日、3時間かけて川下りをした後で3時間も自転車で走り回ったら、誰だって疲れるかも。

ホテルをチェックアウトすると、摩周駅前のバス停へ。
この時、摩周駅のそばには足湯があることを知りました。

摩周湖行きのバスに乗り、摩周湖第一展望台へ。乗客は自分と、カメラを首から下げ、三脚を持った天然パーマの男性の2人だけ。
30分ほどして、摩周湖第一展望台に到着しました。

DSC00596

湖は見事なまでに霧で覆われていて、なにも見えません。
仕方がないか。「霧の摩周湖」って呼ばれているぐらいだし、「晴れた摩周湖を見ると婚期が遅れる」
という、なぐさめ半分の言葉もあるぐらいだし。

休憩所に入ると「摩周プリン」というものを食べました。これは「牛のおっぱいミルク」という、
ちょっといやらしい名前の特産品を使ったプリン。口当たりのやわらかい、上品な味でした。

DSC00595

午前11時26分。バスに乗って摩周駅まで戻ります。バスが発車する前、運転手さんが
「霧で摩周湖が見れなかったので」と言って、晴れた日の摩周湖の写真を何枚かくれました。
帰りのバスにも、天然パーマの男性が。

摩周駅に戻ると、1時間後に到着する電車を待ちます。
北海道に来てから、電車を1時間待つことを何とも思っていないことに気づきました。
不思議だな、東京だったら5分の電車を待つのもだるいのに。

川湯温泉へ

電車に乗り、二駅先の川湯温泉駅で降車。

DSC00605 DSC00604

駅を出ると、すぐ近くに硫黄山という大きな火山が見え、もうもうと煙を吐き出していました。

DSC00597

駅から川湯温泉行きのバスに乗車。
摩周湖の時もそうだったけど、川湯温泉駅からバスに乗って川湯温泉に行くなんて、なんだかナンセンスな気分。

バスは10分ほどで川湯温泉に到着。おみやげ屋や、木彫の彫刻品を扱った店が並ぶ、いかにもな温泉街でした。
辺りからは硫黄の匂いが立ち込めてきます。まだ6月だからか、町は静かでした。

DSC00598

バス停の近くには桟橋がかかっており、その下を川が流れていました。
川から湯気が出ているので不思議に思うと、なんとそれは源泉。
エメラルドグリーンの源泉と、白い湯の花のコントラストが、キレイな光景でした。
ここも屈斜路湖の砂湯と同じく、地面を掘ると温泉が出るそうな。

DSC00599 DSC00600 DSC00603 DSC00601

源泉にさわってみると、火傷しそうなほど熱い! うっかり落ちたら大惨事です。
やたらと安全にうるさい日本で、今もこういう場所があるのは意外でした。

小さな洋食屋に入ると、カツスパゲティを注文。デミグラスソースが美味でした。

ホテルにチェックインすると、宿泊者サービスということで、箱の中からカプセルを1つ取ることに。
カプセルの中には見たこともないキャラクターのストラップと、1枚の紙切れが入っていた。
紙には「D」と書かれていた。
「こちら、D賞ですね」

そう言って、フロントの女性はD賞の商品を見せてくれた。そこには女性向けのバッグや、
安っぽいスニーカーなどがあった。「荷物がいっぱいなので」と言って、辞退しました。

案内された部屋は広い和室。布団を敷くと、昼間から寝ました。
ここで昨日の疲れをちゃんと取っておかないと、たまった疲労が後で爆発する気がしたのです。

夜。ドアをノックする音で起床。あわてて対応したけど、それは仲居さんが夕食の差し入れに、
隣の部屋のドアをノックした音でした。

幽霊ホテルを見かける

午後7時。いつまでもダラダラと寝ていたけど、いい加減に布団から出ると、晩ご飯を食べにホテルを出ます。

暗い、ひっそりした通りを歩いていると、あるホテルの前を通りかかりました。
それは4階建てのホテルで、建物はボロボロ。閉鎖されてから長い時間が経っているようです。
客室の窓は締め切られており、電気もついていないため、ホテルには誰もいません。

そんなホテルの1階に、小さなあかりが灯っているのを発見。
気になって駐車場を通り抜けると、ガラス戸に顔をつけて中を覗いてみました。

中には卓上ランプの光がともっていて、誰もいないフロントをかすかに照らしていました。
あまりにも暗いので、まるで暗闇の中をランプが浮かんでいるかのようです。

どうして無人のホテルに電気が通っているのだろう? ここは幽霊専用のホテルか?
そんなことを考えているうちに、急に寒気がしたので、
逃げるようにしてその場を立ち去ります。

幽霊ホテルを離れ、近くの「三三五五」という居酒屋に入ると、ラーメンと焼き鳥とウーロン茶を注文。

食事をしている間、テレビでは、どこかの女優が青山の服屋で買い物をしていました。せっかく北海道に来たのに、テレビは東京ばかり映しているな……。

ホテルに戻ると、大浴場の温泉に入浴して就寝。

次の旅へ

北海道一周の旅の記事一覧へ


ピックアップ記事

  1. 浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ

関連記事

  1. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】旅のルールについて

    「出発の日」~1日目から自分についてと、旅に出た理由…

  2. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】帰宅 ~21日目

    北海道一周完了から「北海道一周日記」の記事一覧へ…

  3. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】 「ばんえい競馬で勝負」 ~3日目

    十勝千年の森へ ~3日目から豚丼屋を出ると、バスで「…

  4. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】 東の最果て、根室へ ~6日目

    釧路で勝手丼を食べる~5日目から朝8時半起床。今日は…

  5. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】札幌でスープカレー ~18日目

    旭川でのんびりから朝。ATMでお金をおろすと、残金が4…

  6. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】網走で憧れの乗馬体験 ~11日目

    知床から網走へから網走原生牧場観光センターで乗馬体験…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

}
  1. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】「出発の日」~1日目
  2. あそびのずかん

    浅草で体験できる、ものづくりのお店6選!キャンドルからアメ細工まで
  3. 100km歩くウルトラウォーキング

    24時間歩けますか?地獄の「ウルトラフリーウォーキング」に参加してみた (その1…
  4. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.17】自分の名前やイラストを彫ろう!浅草でガラスのハンコ作…
  5. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.12】好きな絵をスノードームに!浅草で『3月のライオン』の…
PAGE TOP