北海道・電車で一周の旅

【北海道・電車で一周の旅】世界遺産、知床へ ~9日目


川湯温泉と幽霊ホテル ~8日目から
今日の天気は晴れ。ホテルを出ると、バスに乗って川湯温泉駅へと戻ります。
昨日バスで一緒だった、三脚とカメラを持った天然パーマの男性もいました。
たぶん、次の目的地も同じでしょう。

次に向かうは、北海道北東にある世界遺産、知床。

午前10時36分。川湯温泉から電車で知床斜里へ。
乗車時間は約45分。ぼーっとしていれば着く時間です。

知床斜里駅からは、ウトロ温泉行きのバスに乗車。天然パーマの男性も、やはり同じバスに乗りました。

ウトロ温泉までは、バスで1時間ほど。

DSC00609 DSC00610 DSC00611 DSC00612

北東の端にある、ウトロバスターミナルへ到着。ここにもセイコーマートを発見。
すでに帯広、根室、川湯温泉と、3箇所のセイコーマートを利用しており、旅の間、ずっとセイコーマートのお世話になりました。

DSC00613

「知床自然センター」に行くと「ヒグマにエサをやらないで」という啓蒙ポスターがいたるところに貼ってあった。エサを与えると、人間の食べ物の味を覚えたヒグマが、人里に下りてきてしまうのだそうだ。

海岸では「オロンコ岩」という巨大な岩や「ゴジラ岩」など、町の名物を鑑賞。
オロンコ岩は知床のどこにいても目に入ってくる、町のシンボルのような岩だった。

 DSC00614 DSC00641 DSC00626 DSC00627 DSC00629

オロンコ岩には階段が備え付けられて、岩の頂上まで上れるよう。軽い気持ちで階段を上ってみます。

DSC00633

段数は合計で207段もあり、頂上につく頃には汗だくになってしまうほどです。
頂上からの眺めは絶景で、知床に広がる山や海を一望。疲れても登る価値はあります。

DSC00635 DSC00637 DSC00639 DSC00638

午後2時半。オロンコ岩を下りると、観光フェリーに乗船。フェリーは北東の果てにある、知床岬が見える場所まで案内してくれるとのこと。

フェリーが出発すると、救命胴衣を着て外の船尾席に着席。涼しい海風に当たっていると、とても気持ちが良かったです。

DSC00642 DSC00643

フェリーが向かう先には多くの滝や洞穴があって、見ていてワクワクするものばかり。
細かい水しぶきが舞う滝の下を通過したり、大きな洞穴を見たり、骸骨みたいな形をした洞穴があったり、
波に侵食されたのか、変わった形にえぐれた岩を見たり。

DSC00655 DSC00649 DSC00669 DSC00656

DSC00675 DSC00676

ある海岸の前を通過した時、ヒグマの子どもがテクテク歩いているところを発見。
フェリーはすぐに海岸へ寄り、遠くからヒグマをじっくりと観察させてくれました。

DSC00671 DSC00673

ひぐまは下を向いて、何かを探すようにして歩いています。
距離が離れているからか、ヒグマの子どもはこちらに気づかないまま姿を消しました。

知床の最先端にある「知床岬」の姿が見えたところで、フェリーはUターン。

DSC00677

船を下りると、「しれとこ荘」という宿へ。歩いていくのには少し遠いので、宿に電話して送迎してもらいました。

部屋で休憩した後、これからの予定を立てることにします。
いくつかある観光パンフレットを吟味した結果、今夜は「知床の夜の動物を見るナイトウォッチング」
というツアー参加してみることに。

さっそく電話してみると、午後8時にホテルまで迎えに来てくれることになりました。

また、明日は「知床五湖ツアー」というものに参加することにし、そちらの予約も完了。

午後8時。ガイドが車でホテルまで迎えに来てくれた。メガネをかけた、年輩だけどハツラツとした女性でした。
この人も祖父江さんと同じで、他の土地から北海道に移住してきた人とのこと。

車は別のホテルに向かい、30代ぐらいの夫婦も同乗すると、ナイトツアーが始まった。
ガイドさんから懐中電灯を受け取ると、窓の外に広がる夜の森を照らしながら、動物たちを探した。
ドライブを始めてすぐ、ガイドさんが牝の鹿を発見。

DSC00686 DSC00687

ライトの光を向けられても、鹿は悠然と草を食べており、しばらくして鹿は茂みの奥へと消えていきました。

突然ガイドさんが叫び声を上げて急ブレーキをかけたので、何事かと正面を見ると、
目の前に巨大なヒグマを発見。ヒグマはゆったりと道路を横断していきます。

一瞬のことなので下半身しか見られなかったけれど、そのヒグマは車ほどのサイズでした。
もしも生身でこんなやつと遭遇したらと思うと、身震いしてしまいます。

この知床という土地は、人間の世界に動物たちが住んでいるというより、動物たちの世界に人間が住んでいるのだなと思った瞬間でした。

車は知床の奥へ。
森に囲まれた人気のない道を走ると、『ホテル地の涯(はて)』という名前のホテルに到着。
地の果てにあるのに内装にはシャンデリアなどが使われていて、
どことなく小洒落た雰囲気。
「地の果て」と「小洒落たホテル」という、そのアンバランスさが面白いホテルでした。

ここで車はUターン。帰り道の途中、キタキツネを発見。

DSC00694 DSC00697

キタキツネは人間なれしているのか、少しも逃げ出す気配がありません。
キツネは道路の白線にそって歩きながら、地面に落ちているなにかを食べていました。

ガイドさんによると、車が通った後はキツネが姿を表しやすいとのこと。
理由は、エサである虫が車のライトに引き寄せられたり、車にぶつかって死んだりするからです。
キツネって頭が良いんだな。

DSC00698

「キタキツネのオスは、巣離れをすると二度と巣には戻りませんが、
メスはつがいのオスが見つからないと、巣に出戻りすることがあるそうですよ」と、ガイドさん。

「そうやって出戻りしたメスは、母親の子育てを手伝ったりするそうです」
「出戻りだなんて、なんだか人間の女性みたいですね」と、同乗した夫婦の奥さんが言った。

2匹目のキタキツネに遭遇。そのキツネは警戒心が強いのか、すぐに逃げてしまいました。

DSC00703

70分のドライブが終了し、ガイドさんにホテルまで送ってもらった。
鹿2頭、ヒグマ1頭、キタキツネ2匹と、色々な動物が見られて満足です。

かなり運が良い時は、他にもフクロウやムササビも見られるとのこと。

お風呂に入ると、明日の知床五湖探索ツアーに備えて早めに就寝。

次の旅へ

「北海道一周日記」の記事一覧へ


ピックアップ記事

  1. 浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ

関連記事

  1. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】札幌でスープカレー ~18日目

    旭川でのんびりから朝。ATMでお金をおろすと、残金が4…

  2. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】函館の夜景を鑑賞 ~19日目

    札幌でスープカレーから午前10時。寝坊してしまい、少…

  3. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】 「ばんえい競馬で勝負」 ~3日目

    十勝千年の森へ ~3日目から豚丼屋を出ると、バスで「…

  4. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】旭川でのんびり ~17日目

    美瑛を再訪からATMが使えず、金欠にこの日は自分…

  5. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】 東の最果て、根室へ ~6日目

    釧路で勝手丼を食べる~5日目から朝8時半起床。今日は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. たい焼きを6つ作れます
}
  1. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.28】冬の御岳山で滝行したら、死ぬほど寒かった話 その1
  2. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.27】手のひらに広がる宇宙。「宇宙ガラス」を作ってみた
  3. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.12】好きな絵をスノードームに!浅草で『3月のライオン』の…
  4. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.26】筒の中に広がる宇宙。神田で万華鏡作りを体験(※成城に…
  5. あそびのずかん

    浅草で体験できる、ものづくりのお店6選!キャンドルからアメ細工まで
PAGE TOP