北海道・電車で一周の旅

【北海道・電車で一周の旅】釧路川でカヌー体験 ~7日目


摩周の町でのんびり ~6日目から

ガイドツアー「ぢぢ」の、カヌーツアーに出かけよう!

午前8時半。ガイドツアー「ぢぢ」の祖父江さんが、車で迎えに来てくれていました。
立派なヒゲをたくわえた、やさしそうな感じの男性です。
祖父江さんの運転する車に乗ると、屈斜路湖に向かいました。

屈斜路湖へ向かう途中、祖父江さんとお話。
祖父江さんは名古屋から来た人らしく、十数年前にこちらに移住してきたのこと。
マイペースな人で、毎日のんびりと過ごしているらしい。
あまりにのんびりしているので、奥さんに怒られることもあるのだとか。

屈斜路湖の湖畔にある「ぢぢ」に到着。

DSC00494

店内はカフェになっており、とても落ち着いたつくりでした。祖父江さんは、
「わたしの名前が『祖父』江だから、店名が『ぢぢ』なんですよ」と、教えてくれた。

DSC00555 DSC00556

午前9時。祖父江さんは赤いカヌーを屈斜路湖畔へと運びました。

DSC00495 DSC00496

カヌーを湖の手前まで運び終えると、祖父江さんはカヌーに乗る時の注意点を教えてくれました。
「カヌーは見ての通り縦に長いので、横の揺れには弱いです。
ですから、水面を覗きこもうとして、横に身を乗り出したりしないようにしてください。
持ち物を川に落としてしまったら、あわてて拾おうとしたりせず、わたしに言ってください」

「はい」
「以上です」
「以上ですか?」

カヌーに乗る前に、祖父江さんのお父さんが写真を撮ってくれた。これから先、お父さんはぼくたちを先回りして、色々な場所で写真を撮ってくれるそう。

パドルを持って乗り込むと、カヌーは屈斜路湖に進水。カヌーには祖父江さんが同乗してくれます。

DSC00497

その日は風が強く、湖面はとげとげしく波立っていました。
波に翻弄されて、カヌーは上下にゆらんゆらんと揺れるため、わたしは体を小さくしてじっと縮こまっていました。

DSC00500 DSC00499

祖父江さんはパドルを漕ぐと、ある入り江へとカヌーを進めていきました。

水は川へと向かって流れ込んでおり、まるで追い風のようにカヌーを運んでくれます。
「川へ入ってしまえば、波はおさまりますよ」と、祖父江さんが言ったので、わたしはいそいそとパドルを漕ぎました。
広大な湖の上をパドルを漕ぎながら進んでいると、まるで一寸法師になった気分です。

やがて、カヌーは釧路川へ合流。波はおさまり、ゆるやかな流れへと変わりました。

DSC00501 DSC00503

森に囲まれた細長い水路を、カヌーはひとりでに進んでいきます。
それはまるで、誰かに導かれているかのようでした。

釧路川の水は澄み切っていて、川底までくっきりと見通すことができました。
水深は浅くて、子どもでも水遊びができる高さ。なんだか、優しくて、親しみの持てる川だなと感じます。

 

川の周りには、青鷺やカモ、それにカワアイサ(?)などを発見。

DSC00508 DSC00509 DSC00540

川下りの途中では、倒木をよけるためにカヌーを方向転換したり、
頭上にたれ下がった枝をよけるために頭を下げたりと、様々な冒険が待ち受けていました。

 DSC00521 DSC00528 DSC00531 DSC00532

釧路川でなによりも感動したのは、その静謐さ。
そこは、水のせせらぎや木々のざわめき、鳥のさえずりの他にはなにも聞こえない、天国のように穏やかな場所でした。
「釧路川はカヌー乗りにとって、聖地と呼ばれているんですよ」と、祖父江さんは教えてくれました。
「リピーターも、何人もいるんですよ。この近くに移住してきて、暇ができれば川下りをしている人もいるぐらいです」

川の中には鯉を一回り小さくしたサイズの黒い魚が泳いでいた。これは「うぐい」という魚だそう。
祖父江さんが川釣り用の小さな釣り竿を貸してくれたけれど、釣れませんでした。

カヌーは「鏡の間」という、釧路川の源流に到着。
あたりは格別に水が澄んでいて、まさに鏡をのぞいたよう。
溶けたガラスが流れているような、うっとりする光景でした。

DSC00514 DSC00515 DSC00517

ある場所をのぞくと、お風呂でお湯をわかした時みたいに、水がこんこんと湧き出ている場所がありました。
ここが正真正銘、釧路川の源流なのだそうです。
釧路を訪問した時、太平洋へと流れ込む釧路川を見ました。そして、ここが釧路川のはじまり。
自分でも気づかないうちに、150kmある釧路川のルーツを辿る旅をしていたと思うと、感慨深い気持ちになりました。

「ぢぢ」を出てから、どれくらいたったでしょうか。白樺林のそばにカヌーを停めると、コーヒー休憩を取りました。

DSC00542

祖父江さんは豆をひくと、アルコールランプを使ってコーヒーを抽出。いれたてのコーヒーを飲ませてくれました。川の上でコーヒーを飲みながら休憩なんて、人生で初めての体験です。

DSC00543

ふと、祖父江さんがアルミホイルに包まれた丸いものを差し出しました。
なんだろうと受け取ると、それはふかしたじゃがいも。かじってみると、さつまいものように甘い!

DSC00545

これは「越冬じゃがいも」といって、収穫してから冬を越すことで、でんぷんが糖に変わったじゃがいもなのだそう。
芽が出ないように冷蔵庫に入れたり、光が当たらないようにラップで覆いをしたりと、作るのが大変だという。あっさりとした甘さが絶妙で、あっという間に完食しまし。
休憩中、祖父江さんと雑談。わたしはつい、無職で小説を書いていること、将来が不安なことを話しました。
すると祖父江さんは、
「うちも貧乏でいつもお金がないけれど、毎日が幸せですよ」と、言いました。そして、
「わたしも若い頃、大学を出てからもブラブラしていて、『お前はなんのために大学を出たんだ』
って両親に怒られたことがありましたよ」

「祖父江さんは、なんて答えたんですか?」
「『うーん、幸せになるためじゃない?』って、答えました」
と、祖父江さんは笑いました。

その時、「自分も祖父江さんのように、北海道でのんびりカヌーを漕ぎながら暮らすのも良いな」
「もし、死にたくなるようなことがあったら、もう一度ここに来よう」
と思ったこと。
その感覚は、旅を終えて5年以上経った今でもよく覚えています。

出発する前に、「よかったら、こっちに来ませんか? 北海道なら、家賃が1万円の物件だってありますよ」と、祖父江さんは言いました。

次の旅へ


関連記事

  1. 人気の記事ベスト10

    【完全版】浅草で楽しめる遊び・体験のお店12選!観光やデートにどうぞ

    ガラス細工から金魚すくいまで!浅草で楽しめる遊び・レジャー施設12選…

  2. アクティビティまとめ

    ガラス粒を並べるだけ。フュージング体験でガラスのお皿作り

    ガラスを溶かして作る、フュージングを体験とんぼ玉、江…

  3. 自分で点てたお抹茶と一緒にいただきます

    アクティビティまとめ

    谷中で和菓子作りを体験!お菓子で表現する四季の彩り

    町歩きにあそびをプラスしよう。谷中で和菓子作りを体験わたしは文京区…

  4. アクティビティまとめ

    本物そっくり!池袋で食品サンプルのパフェを作ろう

    食品サンプルのパフェを作ってみた!子どもの頃、レスト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 手織工房じょうた
  2. バンジージャンプ
  3. 自分で点てたお抹茶と一緒にいただきます
  4. 脱出ゲームをやる人たち
  5. レーススタートの瞬間
PAGE TOP