北海道・電車で一周の旅

【北海道・電車で一周の旅】苫小牧~十勝へ ~2日目


「出発の日」~1日目から

苫小牧港へ

午前8時35分。「もうすぐレストランの営業を終了します」という船内アナウンスが流れたので、あわててベッドから出ました。

レストランに行くと
・ご飯大盛り(+ふりかけ)
・味噌汁
・ウィンナー
・味付けのり
・コーヒー
・リンゴジュース
という、品種多めの贅沢な朝食をとります。

子どもだった頃、バイキングで食べきれない量を取って怒られた記憶があるけれど、
どうして大人になるとちょうどいい量だけ取れるんだろうなと、どうでもいいことを考えました。

いつの間にか、体は船の揺れにすっかり慣れていました。
食器を片付けると、デッキに出て海風に当たります。

DSC00276 DSC00280 DSC00277

潮の匂いはしないけど、風が冷たくて気持ちいい。
今日も海面を覗いてみると、海の波が泡立って、
ぞっとするような濃淡な青色になることがありました。

DSC00278

部屋に戻ると、昼まで寝ました。

午後1時。到着時刻が近づいきたので、再びデッキに出てみました。
すると、前方にうっすらと陸地のようなものが広がっています。ついに北海道が見えてきたぞ。
天気は小雨だったけれど、雲が白く光っていて、妙に明るかったのが印象的でした。

DSC00286 DSC00287

港が近づくにつれ、船は徐々に減速。それにあわせて、船の揺れもおさまっていきました。
わたしは乗り物に乗っている時の、目的地が近づいた時のエンジンの減速具合が好きです。
「ああ、もうすぐ到着なんだ」という、ワクワクした気持ちにさせてくれるから。

午後1時半。さんふらわあ号は無事に苫小牧港に到着。
船とターミナルを結ぶタラップを歩いている間、
「これはまだ、東京の空気なんだぞ」と、自分に言い聞かせました。

DSC00290 DSC00291

フェリーターミナルから外に出た瞬間、顔にひやりと冷たい風が吹き付けてきました。
これが生まれて初めて感じる、北海道の空気。

苫小牧港~苫小牧駅へ

午後1時50分。苫小牧駅へ向かうバスに乗りました。
今から2時18分までに駅に行って、そこから札幌行きの電車に乗らないといけないのだけれど、間に合うかな?
バスはゆっくりと、時々信号に捕まりながら走ります。

午後2時10分。バスは駅に到着。運賃を支払う際、料金240円を300円で支払ったら、
お釣りが出ませんでした。(都内のバスと同じ感覚で支払いしてしまった…)
運転手さんからお釣りの代わりに、10円券を6枚もらいました。

バスを下りると、走って駅のホームへ向かい、特急列車に乗車。
切符は「北海道フリーパス」というものを使用しました。
これは1週間、道内の特急列車やJR北海道バスが乗り放題という便利なもので、値段は2万5千円ほど。

車窓から民家を眺めていると、あることに気づきました。
北海道では、どの家の屋根も「完全に平坦」になっているか
「『への字』のような形をしているか」の、どちらかなのです。
これは、雪下ろしをしやすくするためでしょうか?

DSC00969

また、関東で見るような瓦ぶきの家や、古い木造の家はまったく見かけませんでした。
これも、積雪のせい?
見なれない形の家が立ち並ぶ光景は、国内なのに異国情緒が感じられて面白かったです。

午後3時9分。札幌駅に到着。でも、今は札幌駅では降りません。
再び札幌を訪れるのは、旅の終盤になってからです。

電車をいったん降りると、ホームにある弁当屋でSL弁当というお弁当(1,100円)と、
お茶を買いました。たまたま弁当が店頭になかったらしく、
店のおばちゃんは弁当を取りにどこかへ行ってしまいました。
わたしは気が小さいので、おばちゃんが戻ってくる前に電車が発車してしまわないかと、
気が気でありませんでした。

しばらくして、おばちゃんが弁当を片手に小走りに戻ってきました。

午後3時半。車内清掃が終わったので乗車。
お腹が減っていたので、電車が発車しない内から駅弁をかっこみます。
「駅弁というものは、車窓からの風景を眺めながら優雅に食べるものだ」
と誰かが言っていたけど、そんなこと気にしません。
SL弁当はカニ、ウニ、いくらなどの海鮮ネタが豊富で、箸が進みます。

DSC00292

あとは2時間ほど電車に乗って帯広の
「新得駅」という小さな駅で降りる予定でした。
そこに行けば、あとは宿の人が送迎してるため、
ほとんど今日のやることは終わったようなもの。
昨日から移動ばかりで疲れていたので、布団の上でゆっくり休みたいです。

午後5時46分。電車は新得駅に到着。
駅員さんが改札口に立つ手動改札を抜けると、1人の男性と目が合いました。

その人はこれから泊まる「こもれび」というゲストハウスのオーナーで、30代の男性でした。
彼はどこか若々しくて、ペンションやユースホステルを運営する人特有の
「大人になっても子ども心や冒険心を持ち続けている人」の顔をしていました。

わたしは小屋ほどもありそうな大きさのワゴンに乗り込むと、宿まで送迎してもらいました。

車で20分ほど走ると、広大な田舎道が眼の前に出現。
それは、すべての道が地平線まで一直線に伸びている道で、あまりの感動に
「すごい!」とか「広い!」とか、子どもみたいな歓声を何度も上げてしまいました。

ある草原には、タイヤを縦に置いたような丸いビニールの物体がいくつも転がっていました。
あれはなんですかと聞くと、家畜が食べる牧草を乾燥させているのだとのこと。

DSC00917(参考写真)

ゲストハウスに到着

牧草地帯や畑を越え、狭い農道を通り抜けると、ゲストハウス「こもれび」に到着。
宿は使われなくなった民家を改装したものだそう。

DSC00293 DSC00294

車を下りると、辺りからグェグェというカエルの低い鳴き声が聞こえます。
「6月なのに、もうカエルが鳴いているんですね」と言うと、
「これはカエルではなく、セミの鳴き声ですよ」と言われたので、びっくり。
初めて聞く鳴き声です。あとで知ることになるのですが、
この鳴き声の主は「エゾハルゼミ」という、北海道特有のセミのものでした。

リビングには、2人の宿泊客がくつろいでいました。

DSC00302

1人はバイク旅をしている小柄な中年男性で、不動産管理の仕事をしているそう。

もう1人は海産物の加工食品の会社で働いているという、体つきのがっしりした青年。
「コンビニに置いてあるおつまみは、たいてい俺の会社が作っているんですよ」と、
青年は得意げに言いました。
「北海道は海産物が多く採れるけど、それを商品に加工する工場はあまりないんです。
これはビジネスのチャンスですよ!」

宿泊帳に記帳すると、シーツと枕を受け取って2階の部屋へ。
部屋は和室の6人部屋で、さっきの2人と相部屋でした。

布団を敷くと、しばらく横になりました。ああ、久しぶりに休めた気がする。
やっぱり船の中で寝るよりも、やっぱり地上で寝るほうがいいな。

午後6時半、夕食。メニューは
・鶏肉の煮物
・ほうれん草とベーコンのスパゲティ
・鹿肉のトマトスープ
・野菜サラダ
・キノコのマヨネーズピザ
と、とても豪勢なものでした。特に鹿肉と鶏肉がやわらかくて絶品で、手が止まりません。

食事が終わると、宿の人たちと談話。

食品加工の青年は愛媛の出身で、たまに出張で北海道に来るとのこと。
最初はビジネスホテルを利用していたのだが、1人で寝泊まりするのは寂しいので、
こういったゲストハウスを利用するようになっていったそうです。

仕事では「味が良くなかった」という客のクレームに対応するためだけに北海道に行ったとか、
本州にフェリーで帰ってきた直後、また仕事が入って北海道にとんぼ返りしたとか、社会人としての忙しさを語っていました。

「それで、あなたはなにをしているんですか?」
青年に、何気なくに話題を振られたので、
「仕事を探しながら、小説を書いています」と答えると、みんな気づかうように黙りこんでしまいました。

無職の自分と小説について

前にも話した通り、当時の自分は無職でした。まともに就職しないまま大学を出て、2年がたっていました。
やりたいことはなく、やりたくないことは山程ありました。

たった一つだけ、中学生から持っている「小説家になりたい」という夢があったため、
実家で脛かじりをしながら小説を書いていました。
「こんなことをしてなにになるのだろう」という、惨めな気持ちでいっぱいで、
夢に向かって努力しているというより、ただの現実逃避をしている気分でした。

旅に出る半年前に、ようやく一作の処女作を書き上げたので、
「集英社みらい文庫」という新人賞に応募しました。
選考の結果は6月中に発表されるらしく、北海道を回っている間に結果が公表されることになります。

相部屋で就寝

夕食後、お風呂に入ると、部屋に戻って寝ました。
今日も体がこわばっていて、なかなか寝付けません。
しばらくして相部屋の2人も部屋に入ってきたけれど、そのことを意識するとますます眠れなくなるので、
眠ることだけを考えました。ゲストハウスの
「カギのかからない部屋で、知らない人と寝る」
というシチュエーションが、神経質な自分にはキツい……。

次の旅へ


ピックアップ記事

  1. 浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ

関連記事

  1. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】 釧路で勝手丼を食べる ~5日目

    港町・釧路へ ~5日目から夕方。このままゴロゴロして…

  2. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】世界遺産、知床へ ~9日目

    川湯温泉と幽霊ホテル ~8日目から今日の天気は晴れ。…

  3. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】釧路川でカヌー体験 ~7日目

    摩周の町でのんびり ~6日目から午前8時半。ガイドツ…

  4. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】函館の夜景を鑑賞 ~19日目

    札幌でスープカレーから午前10時。寝坊してしまい、少…

  5. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】札幌でスープカレー ~18日目

    旭川でのんびりから朝。ATMでお金をおろすと、残金が4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. たい焼きを6つ作れます
}
  1. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.19】アメに命を吹き込もう。浅草「アメシン」で、アメ細工を…
  2. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.12】好きな絵をスノードームに!浅草で『3月のライオン』の…
  3. あそびのずかん

    浅草で体験できる、ものづくりのお店6選!キャンドルからアメ細工まで
  4. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.27】手のひらに広がる宇宙。「宇宙ガラス」を作ってみた
  5. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.1】高さ100mからダイブ!日本一のバンジージャンプを体験…
PAGE TOP