北海道・電車で一周の旅

【北海道・電車で一周の旅】 「ばんえい競馬で勝負」 ~3日目


十勝千年の森へ ~3日目から

豚丼屋を出ると、バスで「十勝競馬場」へ。

碁盤の目の形をした町を、バスはカクカクと直角に折れ曲がりながら走ります。
道路標識に表示されている住所はどれも、「西13南9」とか「西9南11」などと表示されていて、
まるで宝の地図に書かれている暗号のよう。

十勝競馬場へ到着。馬がそりを引く「ばんえい競馬」は、ここでしか見られません。

DSC00330 DSC00332

競馬場では男たちが、真剣な表情で電光掲示板のオッズ表をにらんでおり、
空気がピリピリと張りつめているのを感じます。

DSC00338 DSC00333

競馬はまったくの初心者なので「初心者コーナー」に行くと、
スタッフに馬券の買い方を教えてもらいました。

出走まであと3分ほどしかないため急ぎ足の説明だったけれど、とにかく
「マークシートに馬の番号や馬券の種類を書いて」
「賭け金を払えばいい」ということがわかりました。

説明が終わると、オッズが一番低い「黒の2番」に単勝で賭けます。
券売機にマークシートを入れて掛け金100円を払うと、馬券がするっと出てきました。
馬券の購入というと、窓口の人に「5番、単勝!」とか伝えるイメージがあったけど、
いつの間に券売機という便利な物が導入されたのだろう。

DSC00339

馬券を受け取るのと同時に、レース開始を知らせるファンファーレが聴こえてきました。
すぐに外へ出ると、レース場へ。

DSC00336 DSC00340 DSC00341

ファンファーレが鳴り終わっても、すぐにレースは始まりませんでした。
しばらくの間、緊張感溢れる沈黙が降りたかと思うと、突如レースがスタート。

がしゃんがしゃんと、大柄な馬たちがそりを引いて走っていく光景は圧巻でした。
馬がそりを引くと、しゃんしゃんという鈴のような音がします。その音が何重にも響くと、
まるでサンタが大挙して町に押し寄せたようです。

DSC00342

わたしが賭けた黒の2番は好スタートを切り、先頭を突っ走っていました。
たった100円とはいえ、自分の賭けた馬が1位で走っていく様子を見ていると、
興奮して体が震えましたた。(払い戻し率は、およそ5倍)
もし、これが1万円の賭けだったら、嬉しさのあまり気絶でもしてしまうかもしれません。

馬たちの進むスピードはゆっくりなので、馬に合わせて歩きながらレースを見ることができます。

DSC00344 DSC00346

馬たちはゆるやかな坂が待ち受ける、「第1障害」へ。

DSC00343

第1障害を越えると、レースの途中にもかかわらず、馬たちは立ち止まって休憩を取ります。
馬たちは口を開けてあえぐように呼吸をしており、相当に疲れている様子。
馬たちが休む間、レース場は息を殺したような静寂に包まれました。


休憩して体力を回復しつつ、馬たちはより大きな第二障害に挑みます。
そして障害を乗り切ると、一頭ずつゴールしていきました。

レースの終盤では、わたしの後ろから
「そのままっ、そのままっ!」という、見知らぬのおじさんの祈るような声がしきりに聞こえてきます。

2番の馬は後半でバテてしまい、おしくも3位に転落。

DSC00347

ハズレ馬券をよく確認してみると、レース番号が間違っていることに気づきました。
わたしが買ったのは、次のレースのものだったのです。
となると、自分は1円も賭けていないレースを、固唾を飲んで見守っていたことになります。

レース表を確認すると、次のレースは午後3時55分開始。駅に戻るバスは、午後4時2分発だから、
次のレースも見ていくことにしました。

レース表には「陽子、俺と結婚しようレース」という、ちょっと甘酸っぱいレース名を発見。
今日、どこかの誰かがプロポーズしたと思うと、なんだかこちらまでドキドキしてしまいます。
陽子という人は、この昭和の香りがするプロポーズに、どんな返事をしたのだろう。

次のレースに向けて、新しい馬券を買うことにしました。今度は「複勝」で4-8の馬に賭けます。
複勝とは、4番か8番のどちらかが3位以内にゴールすればいいという、払戻率が低い代わりに、
とても当たりやすい賭け方のこと。掛け金は今回も100円。

そして、第3レースがスタート。間違って賭けた単勝の2番と、複勝の4-8が好スタートを切ります。

レースの結果、4-8の券が当たり。配当金は230円と、子供のおつかいみたいな額です。
払い戻しを受けた時には、バスの到着時間を2分ほど過ぎていたけれど、なぜか乗車できました。

帯広駅に戻ると駅の物産展で休憩。
館内には自分が旅に出るきっかけをくれた、『銀の匙』のアニメポスターが貼ってありました。
そういえば『銀の匙』は帯広が舞台だったな……でも、聖地巡礼とかは興味ないかな。

午後5時半。「下士幌小学校前」という停留所でバスを降りると、

ユースホステル「トイピルカ」のご主人(ペアレント)に送迎してもらいました。
ご主人は初老の男性で、小柄だけど頑強そうな人でした。

畑に囲まれた道を抜け、細い道を入っていった先に「トイピルカ」はあります。
宿は趣のあるログハウスで、ヒノキの良い香りがしました。

リビングに行くと、ゴマサブローという名前の犬にあいさつ。
撫でてみたけど、ゴマサブローは眠そうな顔のままで、ほとんど反応がなかった。

「そいつはもう、すっかり年なんだよ」と、ご主人が言いました。

DSC00387

晩ご飯まで時間があったので、外を散歩。
周辺には広大な農地が広がっています。

DSC00351 DSC00352 DSC00354 DSC00355

一本の坂道を登っていくと、丘の上から夕日が見られました。

DSC00353 DSC00357 DSC00358

今日も、いい景色がたくさん見られて大満足でした。

DSC00356

午後6時半、夕食。この日、フキの煮物が出ました。
フキを食べるのは初めてだけど、シャッキリした歯ごたえと、野性味あふれる苦味が美味でした。

夕食中、ご主人たちと会話。
ご主人と奥さんの2人は、以前は屋久島に住んでいたこともあるそうです。
とても良い場所だけど、台風が多かったり、羽アリが大量発生したりで、決して住みやすい場所ではないそうです。


夕食後、お風呂に入ってから就寝。

明日の予定は未定。明日もここに泊まるため、なにもせずにゆっくりするのもありかな。

次の旅へ


ピックアップ記事

  1. 浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ

関連記事

  1. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】「出発の日」~1日目

    電車で北海道を一周した話これは2013年、当時は無職…

  2. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】旭川で初めてのジンギスカン ~14日目

    日本最北端の地「宗谷岬」に立つから午前9時起床。疲れ…

  3. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】 港町・釧路へ ~5日目

    「レンタサイクルで十勝川温泉へ」 ~4日目から今日の…

  4. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】苫小牧~十勝へ ~2日目

    「出発の日」~1日目から苫小牧港へ午前8時35分…

  5. 北海道・電車で一周の旅

    【北海道・電車で一周の旅】網走で憧れの乗馬体験 ~11日目

    知床から網走へから網走原生牧場観光センターで乗馬体験…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

}
  1. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.18】その一撃にすべてを賭けろ。浅草「カワラナ」で瓦割り体…
  2. 100km歩くウルトラウォーキング

    100km歩くウルトラウォーキングに参加しよう! ~レースについて~
  3. 100km歩くウルトラウォーキング

    24時間歩けますか?地獄の「ウルトラフリーウォーキング」に参加してみた (その1…
  4. 遊びの特集記事

    浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ
  5. 東海道・京都まで歩いて行ってみた

    【東海道・徒歩の旅1】(東京~神奈川)
PAGE TOP