あそびのずかん

秩父でダッキー&キャンプを体験してみた!夏にピッタリのアウトドアを満喫しよう


夏の暑さを吹きとばせ!ダッキー&キャンプを体験しよう

じめじめと暑い日が続き、夏の到来が感じられる6月のある日のことでした。
「こんな暑い日は、思い切り水遊びがしたいな。あと、キャンプもしたい!」

調べてみると、秩父で「ダッキー」というウォータースポーツを体験できるそう。
水しぶきをいっぱい浴びて、思い切りはしゃぎたい!さっそく体験してきました。

秩父郡長瀞にある「ブループラネットカヤックス」へ

良く晴れた朝。わたしは電車に乗って長瀞駅に向かいました。
2時間後、長瀞駅に到着。

駅の周辺には名物の「長瀞ラインくだり」のお店があったり、
お土産屋や射的屋があったりと、のどかな雰囲気の町でした。

ここで秩父名物の五平餅を購入。
醤油の香りとお餅のハーモニーが絶妙でした。

町を少し外れて、荒川に向かって歩いた先に、ガイドショップ
「ブループラネットカヤックス」はありました。

ガイドの男性に挨拶すると、水着に着替えます。
この日はアメリカ人女性も遊びに来ていました。

ダッキーってどんな乗り物?カヌーとの違いはなに?

ダッキーとカヌー・カヤックの違いは、「素材」です。
ダッキーは急流下りも楽しめるよう、丈夫なゴムなどでできています。
一方のカヌー・カヤックはポリエチレンやアルミ製のものが多いんだとか。

川下りのスタート!

わたしとガイドさん、アメリカ人女性グループの4人は、
ダッキーを持って荒川のほとりに行きました。
川のほとりでパドルの漕ぎ方を習うと、さっそくダッキーに乗ってみます。

おお。川の流れを、体で感じられる!
荒川の流れはけっこう早くて、上手にパドルを漕がないとバランスが崩れてしまいます。
瞬時に機体をカーブさせたり、目の前の岩を避けたり、
的確なパドルさばきを要求されるのが、ゲームみたいで面白い!

 

時には「瀬(せ)」と呼ばれる急流地帯を進むこともあり、
ボートがガタガタと大きく揺れます。
その激しさは、思わず川から落ちてしまいそうなほど!(アメリカ人女性は一度落水していました)
こんなスリル、日常ではなかなか体験できません。

国指定天然記念物・岩畳の景色に感動!

ツアーの楽しみは、急流下りだけではありません。
流れが穏やかなエリアでは、国指定天然記念物の「岩畳」の景色をのんびり観察できるのです。

あまりに気持ちよくて、思わずダッキーに乗ったままお昼寝。
アメリカ人女性たちは「まるで天国にいるみたいだわ!」
と、大喜びで語っていました。

ツアーの終盤、ひときわ大きな「瀬」を乗り越えると、約2時間30分のツアーは終了。

 

川辺でキャンプも満喫しちゃおう!

ブループラネットカヤックスに戻って着替えを終えると、わたしは
「テントを持ってきたんですけど、無料でテントを張れる場所ってありますか?」と、ガイドさんに聞きました。

ガイドさんが案内してくれたのが、荒川のほとりにある小さな空き地。
おお、十分広いし、他に誰もいないし、キャンプにぴったりだ!

さっそくテントを設営します。
以前は「テントを張ろうとしたらポールを忘れてしまった」というミスを犯したけれど、
今回はちゃんと持ち物チェックをしたから大丈夫。

テントの設営が終わり、ふと気づきました。
「この辺、枯れ木がたくさん落ちているな。もしかしたらキャンプファイヤーができるかも」
ということで、枯れ木を集めておきました。

すべての準備が終わると、夕暮れ時の町を散歩。
山と川、両方に恵まれた長瀞は、ほっとできる景色がたくさんありました。

夜はキャンプファイヤー!

そして夜。
辺りがどっぷり暗闇に包まれた頃、ガスバーナーで
枯れ木に着火します。
火は少しずつ大きくなって、やがて立派な炎に!

まさか本格的なキャンプファイヤーが楽しめるとは思わず、大満足です。
どうしてキャンプファイヤーってこんなに楽しいんだろう? 燃える火を見ていると、なぜか気分が落ち着きます。

 

誰もいない荒川のほとりで、炎はパチパチと燃え続けるのでした。

眠くなったので火の始末をしっかりすると、
テントの中で就寝。

次の日、雨が降る中で撤収作業を行い、東京に帰りました。

ダッキー&キャンプを終えて

1泊2日のダッキーツアー、大満足でした。
ダッキーは一人乗りなので、自分の腕が試されます。
ちょっと操作が難しい分、急流を乗り越えた時の達成感はひとしお!
また、流れが穏やかな場所では昼寝したり、国指定天然記念物の「岩畳」を鑑賞したりと、
のんびりできるのもポイント。

夏本番になったら、もう一度体験したいな、そう思える遊びでした。

店舗情報

店舗名:ブループラネットカヤックス
体験料金:7,500円
対象年齢:10歳から。※15歳未満の参加は保護者同伴、18歳未満の参加は保護者の同意書が必要です。
持ち物:水着, スポーツサンダル, ラッシュガード, 化繊の素材の服装
アクセス:〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞947-1
秩父鉄道「長瀞駅」から徒歩で約10分


関連記事

  1. あそびのずかん

    冬の御岳山で滝行したら、死ぬほど寒かった話

    冷水を浴びて気分をリフレッシュ!滝行を体験した話「最…

  2. あそびのずかん

    ガラス粒を並べるだけ。フュージング体験でガラスのお皿作り

    ガラスを溶かして作る、フュージングを体験とんぼ玉、江…

  3. あそびのずかん

    本物そっくり!池袋で食品サンプルのパフェを作ろう

    食品サンプルのパフェを作ってみた!子どもの頃、レスト…

  4. あそびのずかん

    浅草「江戸とんぼ玉みはる」でとんぼ玉作り。コロンと丸くてかわいい!

    浅草にあるとんぼ玉工房で、コロンと丸いとんぼ玉を作ろう!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. レーススタートの瞬間
  2. 女性は女性用ザックがおすすめ
}
  1. コラム・エッセイ

    あなたの家にサンタクロースがやってくる!?NPO法人チャリティーサンタに参加した…
  2. あそびのずかん

    自分の名前やイラストを彫ろう!浅草でガラスのハンコ作り
  3. あそびのずかん

    冬の御岳山で滝行したら、死ぬほど寒かった話
  4. あそびのずかん

    浅草で体験できる、ものづくりのお店6選!キャンドルからアメ細工まで
  5. あそびのずかん

    浅草で『3月のライオン』のスノードームを作ってみた!好きな絵をスノードームにしよ…
PAGE TOP