和歌山しごと体験

「わかやま仕事体験」に参加した話 ~和歌山県・古座川町滞在記~ 4日目


3日目から

夏バテでダウン

今日はKozacaraさんの仕事体験の最終日です。

が、朝起きてみると、体がだるくて布団から出られませんでした。
どうも初日から続いていた夏バテが、限界を迎えてしまったようです。

会社の岩倉さんに状況を伝え、出勤が午後からになることを伝えると、そのまま布団で眠り続けました。

見かねた平松さんが「ほうじ茶粥」を作ってくれました。
一口食べるとお茶の香りがふんわり。これなら夏バテでも食べられます。

ほうじ茶粥

古座川で遊ぶ

昼になっても死んだように寝ていると、
「せいじさん、いったん外に出た方が良いんじゃないですか。クーラーの効いた部屋で寝ていると、良くないかもしれませんよ」
と、平松さんが車で外に連れて行ってくれました。
10分ほどして着いた先は、古座川の支流である「小川」という川。

一緒に来た薫くんは大はしゃぎ。Tシャツ姿で川を泳ぎます。
いいなあ、自分も元気になったら、思い切り川遊びしようかな。

 

わたしも裸足でそっと川に入ってみました。
キリッとした冷たさが、足から全身へと伝わっていきます。
夏バテでうだった体が少し楽になりました。

それにしても川の透明度の高いことといったら。
川底までくっきりと見渡すことができて、まるでガラスを覗いているかのようです。
川の中をよく見ると、鮎の稚魚がスイスイ泳いでいるのが見られました。

「体調、よくなりましたか?」
平松さんに聞かれて、部屋で寝ていた時よりもずっと気分が良いことに気づきました。

Kozacaraさんの仕事体験終了。でも……

川を出ると、平松さんにKozacaraさんまで送ってもらいました。
「すみません、遅れました」
Kozacaraに着くと、昨日の記事の続きを書きます。

夕方。なんとか記事が完成したので、担当の辻本さんにチェックをお願いします。
が、修正点が多すぎて、仕事は「持ち帰り」という形に。うーん、情けない……
特に「ちょっと癖がありますね」という言葉は、前職でも言われていたことでした。

この日はKozacaraでの仕事は最後の日だったので、会社の人に挨拶をしてから退社。
どこの馬とも知らない人間を3日も面倒見てくれて、本当に感謝です。
特に担当の辻本さんは、かえって仕事を増やしてしまったようで、感謝してもしきれません。

社長の岩倉さんと話す時間があったので、移住について色々と教えてもらいました。

移住についてのあれこれ

Q.古座川に住むとしたら、家賃はいくらぐらい?
A.実は、古座川には賃貸物件がない。借りるならツテを頼る。
串本町あたりなら、4万円ぐらいで一軒家を借りられる。

Q.地方でライターが活動するにはどうしたら良い?
A.東京でコネを作っておくと良い。地方の記事を書くときなどに声をかけてもらえる。
たとえば地方の記事を書くとき、東京の人を取材に行かせるより、現地の人に書いてもらった方が手っ取り早い。
コネを作るなら、地方の出版社やイベンターが東京に出るイベントに顔を出す

Q.地方とか移住をテーマにしたメディアってある?
A.「そとこと」「greenz」「TURNS」など

なるほど。いざ移住について詳しく知ってみると、「移住ってありかも」という思いが芽生えてきます。

夕暮れがキレイだったため、歩いて帰宅。
黄昏時の古座川は、おごそかな静けさをたたえていました。

すっかり日も暮れた中、近所のスーパー「オークワ」で買い物。
和歌山の物価はどんなもんかなと見てみると、
「かつおの刺身」が600円。しらすの小パックが200円。
地方って物価が安いイメージがあったけど、案外普通かな?

楽しい夕食・3日目

「南紀くまのいえ」に帰ると夕食作り。
今日は疲れていたので、インスタントのカレーうどんで済ませます。
平松さんがオクラと白身さかなの天ぷらをくれました。ホクホクでおいしかったです。

インスタントのカレーうどん オクラと白身魚の天ぷら

夕食後。薫くんと迷路のおもちゃで遊んで過ごしました。

明日は2社目の仕事体験。「株式会社あがらと」という農園で、農作業を体験します。

5日目


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 手織工房じょうた
  2. バンジージャンプ
  3. 自分で点てたお抹茶と一緒にいただきます
  4. 脱出ゲームをやる人たち
  5. レーススタートの瞬間
PAGE TOP