和歌山しごと体験

「わかやま仕事体験」に参加した話 ~和歌山県・古座川町滞在記~ 3日目


2日目から

仕事体験2日目。地元の人にインタビューしてみよう

この日もKozacaraさんで仕事体験。

株式会社Kozacaraで仕事体験

今日は古座川町の観光協会員にインタビューして、それを記事にまとめます。
午前中は担当の辻本さんと相談しながら、インタビュー内容を決めていきました。

そして午後。辻本さんと車で「もりとよ商店」という酒屋さんへ向かいます。
酒屋さんなのに、店の奥にオシャレなカフェがあってびっくり。

インタビューでは、「古座川町観光協会・副会長」の森さんという男性にお話を伺います。

古座川で育ち、東京で18年間仕事をし、家業を継ぐために戻ってきた森さん。
彼が語る古座川の魅力は、とても参考になりました。何より、古座川に対する思い入れがすごい!

インタビューが終わると、いったんKozacaraに帰社。記事の書き起こしや、次のインタビューの準備を行いました。
お昼は菓子パンを食べただけ。夏バテは一向に良くなりません。

続いて「古座川観光協会」という施設に行くと、同じく古座川観光協会員の木下昂さんにインタビュー。

古座川観光協会

祖父・父・甥と、代々が猟を行っていたという木下さん。
その自然の中で育った人生観は、伸び伸びとしていて、とても感慨深いものがありました。

ちなみに古座川観光協会のすぐそばには「虫喰岩」という名勝があります。

虫喰岩

岩が雨風に侵食されて、蜂の巣のような穴ができているのが特徴。
国の天然記念物に指定されている名所ですが、ブツブツした風穴はちょっと苦手な人もいるかも……!?

2回のインタビューを終えてKozacaraに戻ると、記事の執筆に入ります。
作成する記事は2本。Kozacaraでの仕事体験は明日までだけど、果たして終わるかな。

地元の人と、楽しい手巻き寿司パーティー

午後7時頃。どうにか一本目の記事を書き終えると「南紀くまのいえ」に帰宅。
「南紀くまのいえ」では手巻き寿司パーティが開かれていました。

手巻き寿司パーティの写真

パーティの主催者はお向かいの田中さん一家。お盆になって娘夫婦と孫が帰ってきたため、

「祖母・田中さん夫婦・娘夫婦・孫」と、一家が勢揃いしたのだそう。

「ほれ、あんたも食べや」
田中さん夫婦にすすめられたのは、お皿にどーんと乗ったお刺身。
目玉はシオ(カンパチ)だそうです。
シオ(カンパチ)などの写真

さっそくご飯とシオ(カンパチ)を海苔に巻いて食べると……
なんだこれ! 柚子の香りがして刺身とすごく合う!
「これ、柚子が入っているんですか?」
と聞くと、田中さんの奥さんは
「あんた、『違いのわかる男』やね。これはお酢の代わりに、柚子の果汁を入れとるんよ」と教えてくれました。
柚子は古座川町の名産品なのだそう。

田中さん夫婦は司法書士事務所を営んでおり、7年前に大阪から引っ越してきたのだそう。
「南紀くまのいえ」のオーナーの平松さんは東京から越してきたし、この町は意外とよそから来た人が多いのかもしれません。

夜。インタビュー記事をまとめつつ、残りの記事の執筆をします。
ダメだ、深夜になっても終わらない。諦めて寝ます。

4日目


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. レーススタートの瞬間
  2. 女性は女性用ザックがおすすめ
}
  1. あそびのずかん

    筒の中に広がる宇宙。神田で万華鏡作りを体験(※成城に移転しました)
  2. あそびのずかん

    浅草で『3月のライオン』のスノードームを作ってみた!好きな絵をスノードームにしよ…
  3. 東海道・京都まで歩いて行ってみた

    【東海道・徒歩の旅1】(東京~神奈川)
  4. コラム・エッセイ

    あなたの家にサンタクロースがやってくる!?NPO法人チャリティーサンタに参加した…
  5. 人気の記事ベスト10

    高さ100mからダイブ!日本一のバンジージャンプを体験
PAGE TOP