ワクワクする遊び

引きこもり体質の自分が、100の遊びを体験するほどアクティブになった話


あそびのコーディネーター「せいじ」について

はじめまして、「あそびのコーディネーター」のせいじと言います。
わたしは陶芸からバンジージャンプまで、ありとあらゆる遊びを体験してきた
「プロの遊び人」です。

体験してきたアクティビティについて

体験したアクティビティ(遊び)は、
「吹きガラス・陶芸・ガラスのハンコ作り・食品サンプル・キノコのペンダント・サンドブラスト」
といったモノづくりから、 

    

「バンジージャンプ・屋内スカイダイビング・バブルサッカー・パラグライダー」
といったアウトドアまで、ジャンルは不問。 

   

 あとは東海道500kmを歩いて東京~京都を旅したり、テントを買って、キャンプを始めたり。

  

 そんな自分ですが、もともとは引きこもり体質で、
「休日は家に閉じこもってゲームしているのが一番好き」
という人間でした。 

そんな自分が、なぜここまで変わったのか。
その考えをまとめてみました。

少しでも「休日にやることがない……」「何か新しいことを始めたい!」
と思っている人の助けになれば幸いです。

自分について

自分はとある「 日本全国のアクティビティ(遊び)を扱う予約サイト」
の会社で、
ライターをしています。(現在は退職)

  

写真を見てもらえばわかる通り、勤務態度はいたってマジメです。
そんな自分には、ある課題がありました。
それは「アクティビティを扱う会社で働いているのに、休日は家から一歩も出ない」ということ。

言うならば
「ハンバーガー屋で働いているのに、お店のハンバーガーを一度も食べたことがない」ような状態でした。

アクティビティをしない理由は、山ほどありました。
「休日は家でゆっくりしたいから」
「どれが面白いかわからないから」

「アクティビティって、リア充がやるイメージだから」
「アクティビティ=旅行中にやる特別なものだから」
「知らない人に会ったり、知らない場所に行くのがおっくうだから」

こんな風にあれこれ理由を付けては、家でダラダラ過ごす休日。
そのくせ日曜日の夕方になると、
「何もしないまま休日が終わっちゃったな」と後悔するのでした。

そんな状態が一年ほど続いたでしょうか。
これはよくないと思い、何でもいいから申し込んでみることにしました。

「なんとなく」で飛び込んだ、カジノ体験

自社サイトを見ていると、「BACKDOOR 六本木」という「カジノ体験のお店」を発見。

「BACKDOOR 六本木」
http://backdoor-roppongi.com

「カジノって、ルーレットとかポーカーとかでしょ? ゲーセンでやったことあるし、簡単そう」
と、気軽に申し込んでみました。
しかし、いざお店に入ると、その雰囲気に圧倒。
店の内装が本格的で、まるで海外のカジノにいるようなリアル感だったのです。

    

テーブルでは、いかつい男性たちがタバコを吸いながらゲームをしており、空気がピリピリと張り詰めていました。

「ゲームセンターだと思ってたのに、とんでもない所に来てしまった……」
緊張でブルブル震えながら「ブラックジャック」のテーブルに座ると、問題が発生。
自分はゲームのルールは知っていたけど、
「カジノでの遊び方」までは知らなかったのです。
(ベットはカードが配られる前に行う、カードを引く際はテーブルをトントン叩く、など)

結局一からレクチャーを受けることになり、そのたびにプレイが中断することに。
「ああヤバイ、みんなイライラしているだろうなぁ」
肩身の狭い思いをしていると、隣に座っていたスーツの男性がこう言ってくれました。

「いいのいいの、このお店の目的は、新規のカジノプレイヤーを増やすことだから。新規の人は大歓迎だよ」
彼の言うとおり、初心者でもとても居心地の良いお店でした。

初めて体験するカジノは、面白いことばかりでした。
チップがずっしりした質感で、まるで本当にお金を賭けているよう。勝つか負けるか、真剣な勝負を楽しめました。

勝てば叫ぶほど嬉しいし、負けると頭を抱えたくなるほど悔しい。
大金を賭ける時など、緊張のあまり手が震えてしまうほどでした。

 

遊びに来ている人は「六本木のタワーマンションに住む大金持ち」とか
「大手生命保険会社に勤めているエリート」とか、
普段は接点のないような人ばかりで、そういう人と話すのはとても新鮮でした。

お店に入る前の、チワワみたいにプルプルしていた自分はどこへやら。
お店を出る頃には「また来よう!」とウキウキした気持ちになっていたのです。

カジノ体験で学んだこと~「やったことない=やってみたい!」へ

カジノ体験を通じて、自分は「知らない世界に飛び込むって、面白い!」ということを実感しました。

今までは
「やったことがない遊び=やらない」
「行ったことがない場所=行かない」という風に、

自分と接点のある世界にしか関心がなかった。

それが
「やったことがない遊び=やってみたい」
「行ったことがない場所=行ってみたい」という風に、

価値観が180°ひっくり返ったのです。

ありとあらゆる遊びを体験してみたいという気持ちが、
胸の奥からぐんぐんと湧き上がるのを感じました。

その時の気分はまるで「世の中にある、すべての遊びの参加チケット」を手に入れたようでした。

「やらない理由」を一つずつ潰していく~よりアクティブになるために
最初に書いたように、自分は
「アクティビティをやらない理由」が山ほどありました。

その理由を一つずつ潰していけばもっと行動の幅が広がると思い、
自分を見つめ直してみると、いくつか発見がありました。 

 「思い込みを無くす」

「アウトドアは体力がないからダメ」
「ものづくりは苦手だからダメ」
という風に、自分の中の思い込みが、行動を消極的にさせていることに気づいたのです。 

思い込みを無くすため、どんな遊びもまずはやってみることにしました。
たとえば「バンジージャンプ? 怖いから絶対にムリ」
と思っていたけど、やってみたらなんとか跳べたし、


「陶芸? 小学生の頃、粘土遊びが下手だったからムリ」

と思っていたけど、大人になってからやってみると、結構良いものが作れたり。
 

 
こうやって「思い込み」を少しずつ無くしていくと、
そこから新しい体験に興味が持てるようになったのです。

「期待度は60%で十分」

映画を観る時や、レストランで食事する時など、
「この映画、1,800円の価値があったかな?」
「この味で1,000円は高くないか?」
など、いわゆる「コスパ」を考えすぎている自分がいました。

アクティビティを探す時も、
「わざわざ休日に出かけるのだから、絶対にコスパに合うアクティビティを選びたい!」
と思うことが多かったのです。
 
でも、カジノ体験が強烈な印象を残したのは、
「内容にほとんど期待していなかったのに、すごく面白かった」
から。

ということで、あまりコスパなどを気にせず、
期待度が60%を越えたアクティビティは、とりあえず申し込むことにしてみました。
すると、期待した以上に面白い体験がたくさん見つかったし、
そうでない場合も、
「まぁ、期待度60%だから」
と、あまりくよくよしなくなりました。

「周りの目を気にしない」

「ちょっとイケイケの雰囲気がするサーフィンレッスン」とか、
「かわいいアトリエで機織り体験」とか、
興味があるけど、ちょっと自分のイメージと合わなさそうな体験があります。

自分がこういう体験に参加したら、
「インドア派のきみが、サーフィンなんかしたの?」
「男なのに機織り体験に行ったの?」
と周りから笑われそうで、すごく不安になったことを思い出します。

でも、結局行ってみたら、誰も笑いませんでした。

  

また、自分は一人行動に慣れていて、
たいていの体験は一人で参加していたけど、
「あなたってぼっちなんだね」
と言われるのも不安でした。(いくら事実とはいえ)

これも、そんなことを言う人は一人もいませんでした。
「周りの目なんか気にしていたら、行動的になれない」ということを体感した瞬間です。

「何か新しいことを始めたい」という人へ

アクティビティでも、登山でも、旅行でも、習い事でも、とにかく新しいことを始めたい人へ。自分の経験から、微力ながらアドバイスします。

アクティビティ予約サイトを利用する

提灯記事ではないですが、今は便利なアクティビティの予約代行サイトがいくつもあります。
オンラインで簡単に予約できるので、
「お店に予約の電話をするのがおっくう……」
「いちいち予約フォームに名前や住所を入力するのが面倒……」
という人でも、すぐに予約が取れます。

どんな特別な体験だって、予約さえ取れれば、その週の土日には体験できてしまうのです。

たとえばVR体験とか

屋内バンジージャンプとか

 

苔玉作りとか。

気になる遊びを探すコツは、たとえば雑貨屋でかわいいコップを見つけたら、
「これ、作れないかな?」と、「東京 ガラス 作る」と調べてみたり、
テレビで芸能人がバブルサッカーをやっていたら、「バブルサッカー 体験」と検索したり、
「気になるモノ×作る」or「気になるモノ×体験」で調べれば、
たいていは実際に体験できるはずです。

土日の予定は、水曜日までに決める

統計を取った訳ではないけど、自分は
「水曜日までに土日の予定を立てておかないと、そのまま面倒くさくなって何もしない」
ことが多いような気がします。登山とかプチ旅行とか、ちょっと特別なことをするには、木曜日では準備が遅すぎるのです。

そのため最近は、水曜日までに予定を決めるようにしています。
たまたまかもしれないけど、カジノの予定を入れたのも、水曜日の夜でした。 

とりあえず予定を入れてしまう

自分は映画を観るのが好きです。
でも、いざ当日になると「やっぱ面倒くさいから良いや」となってしまうことが何度もありました。
 
そうならないよう、最近はチケットをカードで事前購入するようにしました。
購入後は返金できないので、買った以上は面倒でも観に行かないといけません。

これは効果的で、映画を見に行く回数が増え、より多くの名作と出会えるようになりました。

アクティビティの予約をする時も、あえて早めに予約することで、
「予約した以上は行かなければ」と自分を追い込んでいます。

まとめ

2年前までは「休日は絶対に家から出ない!」という主義の自分が自分が、
今では月に1回、多い時に5回はアクティビティを体験するようになりました。

行動的になれたことで嬉しかったのは、休日の予定が何倍にも増えたこと。
また、今までは一人で黙々と遊びに行っていたのに、今では自分からメンバーを集めて遊びに行くことも増えました。

絶対に引きこもり体質だった昔よりも、今の方が楽しい生活を送れている。これだけは胸を張って言えることです。

この文章が、少しでも新しいことを始めるきっかけになったらと思います。
そしていつか、自分がカジノで体験した時のような
「自分の世界が一気に広がるような気持ち」
 を味わってもらえたらと願います。

関連記事

  1. ワクワクする遊び

    【休日やることがない人へ】あそびのコーディネーターが、あなたにピッタリの遊びを紹介します!

    休日にやることがない方へ。あそびのコーディネーターが、あなたに合った遊…

  2. ワクワクする遊び

    オフィスや自宅の癒やしに。浅草でマイデザインのコップ作り

    リューター体験を予約するならコチラリューター体験 予約ページへ…

  3. ワクワクする遊び

    【北海道・電車で一周の旅】釧路川でカヌー体験 ~7日目

    摩周の町でのんびり ~6日目からガイドツアー「ぢぢ」…

  4. ワクワクする遊び

    【完全版】東京で楽しめる40の遊びまとめ!東京の魅力を再発見しよう その2

    前編はこちらインドア遊びからアウトドアまで!東京の遊び40まと…

  5. ワクワクする遊び

    外国人に大人気!話題のロボットレストランに行ってみた

    ロボットたちの饗宴!ロボットレストランに行った話数年前のことで…

  6. ノート・完成品

    ワクワクする遊び

    たのしく書く人になろう。台東区でノート作り

    オリジナルのノートを作れる文具店わたしはいつもB5サイズのノートを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

あそびのずかんを購読して、最新の記事をチェックしよう!

6人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PRサイト:アソビュー!

PAGE TOP