ワクワクする遊び

多摩の渓谷で遊ぼう! キャニオニングにチャレンジ vol.29


多摩の渓谷で思い切り遊ぼう!

当ブログでは「あそびのコーディネーター」の「せいじ」が、日本全国の面白い遊びを紹介しています!

 

 

もうすぐ夏。小さな子ども連れで、「家族で遊べる場所」をお探しの方はいませんか?

そんな方におすすめなの遊びがキャニオニング。
渓谷を舞台に、水遊びしたり、滝壺に飛び込んだりと、自然の中で思い切り遊べるアクティビティです。

画像2

わたしがキャニオニングを体験したのは、2017年の初夏のことでした。

まずは奥多摩にある「splash奥多摩」というお店に行くと、受付を済ませ、ウェットスーツに着替えます。

今日のツアー参加者は11人。
テレビでキャニオニングが取り上げられていたらしく、若者カップルやファミリー層が多く参加していました。

キャニオニングの舞台となる渓谷まではバスで移動。
移動中はお互いの自己紹介をするのですが、

「娘じゃなくて、嫁が『キャニオニングをやりたい!』って言い出したので、家族で来ました」というユニークなお父さんも。

渓谷で水浴び&滝壺ジャンプ!

渓谷に着くと、わたしたちは沢遊びができる場所を目指して、山道を登ります。

画像2

ウェットスーツが体にぴったりと密着して暑い……! このじめじめした暑さを、早く川で吹き飛ばしたい!

そして最初の沢遊びポイントに到着。小さな滝が流れている、キレイな沢です。

画像3

恐る恐る水に入ってみると、冷たくて気持ちいい! 汗がみるみる内に流れていきます。

再び山登りをすると、別の滝壺に到着。今度は滝壺ジャンプを体験します。
高さ4~5mの岩場から飛び込むのですが、子供でも安心して飛び込める高さです。

他にも水の流れる岩場で「天然ウォータースライダー」を満喫したり、高い岩場をジップラインで降下したり、自然の中で思い切り遊べるツアーでした。

画像4

キャニオニングの感想は?

バンジージャンプやラフティングを経験した者としては、滝壺ジャンプも岩場滑りも、正直ちょっと物足りない印象。
もし大人が参加するなら、ガッツリ遊べる「1日コース」の方が歯ごたえがあるでしょう。

でも、一緒に参加した小学生のお子さんは、半日コースをい切り楽しんでいました。
「子供に自然を体験させたい」
「ファミリーで夏遊びがしたい」
という方は、キャニオニングを体験してみては?

店舗情報

店名:スプラッシュ奥多摩
住所:〒198-0105 東京都西多摩郡奥多摩町小丹波803–3
体験料金:大人6,500円~ 小人3,800円~
参加資格:6歳から可
開催期間:4月下旬~11月上旬
持ち物: 水着・バスタオル・スイムゴーグル(コンタクト使用の方)・メガネストラップ(メガネの方)・保険証・ラッシュガード

他の遊びもチェック!

当ブログでは「あそびのコーディネーター」の「せいじ」が、日本全国の面白い遊びを紹介しています!

「休日やることないなぁ」「新しい趣味が見つからないなぁ」という人は、他の記事もチェック!

 

関連記事

  1. ワクワクする遊び

    心を込めたプレゼントを贈ろう。オリジナルプレゼントを作れるお店12選

    心を込めて作ろう。オリジナルのプレゼントを作れるお店…

  2. ワクワクする遊び

    透明感が美しい。末広町のフュージング体験でお皿を作った話 vol.9

    ガラスを溶かして作る、フュージングを体験とんぼ玉、江…

  3. 脱出ゲームをやる人たち

    ワクワクする遊び

    雨の日・寒い日でもアクティブに遊ぼう!屋内で楽しめるあそび8選

    冬の日・雨の日でもアクティブに遊べる!屋内のあそび8選待ちに待った…

  4. エアーボード

    ワクワクする遊び

    スノーシュー&エアーボードツアーで、冬のみなかみを満喫! vol.37

    冬のみなかみを遊び尽くそう!当ブログでは「あそびのコーディネーター…

  5. たい焼きを6つ作れます

    ワクワクする遊び

    浅草でたい焼き作りを体験!できたてを食べよう vol.24

    できたて・あつあつを食べよう!浅草でたい焼き作り体験…

  6. ハーバリウムペン

    ワクワクする遊び

    プレゼントに最適! 巣鴨のアトリエでハーバリウムペンを作ってみた vol.18

    当ブログでは「あそびのコーディネーター」の「せいじ」が、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画作成はじめました

ブログをメールで購読

あそびのずかんを購読して、最新の記事をチェックしよう!

4人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PRサイト:アソビュー!

PAGE TOP