あそびのずかん

【遊びのずかんvol.1】高さ100mからダイブ!日本一のバンジージャンプを体験 その1


 

こんにちは。
ブログ「遊びのずかん」では、陶芸からバンジージャンプまで、
日本中の面白い遊びを紹介しています。

 
遊びのずかん バックナンバーはこちら
タイムチケットもやってます

ジャンプ台を前にして

どうしてこうなったのか、わたしは高さ100mのジャンプ台に立っていました。 体にはハーネスが、足にはロープが装着されています。 何度も深呼吸をして、パニックになりそうな頭を必死に抑えました。

「下は見ないで。前を見て、あの山に飛び込む気持ちで飛べばいいから」 隣にいるスタッフさんが優しい口調で言います。 視線を上げると、目の前に広がる山を見た。あの山に飛び込む気持ちでーー 

 

「それじゃあカウントダウン、5,4,3,2,1,バンジー!」 スタッフの掛け声と共に両足で地面を蹴ります。 体が宙に浮いたかと思うと、猛スピードで落下を始めました。

バンジージャンプを体験したいきさつ

2016年8月、わたしは初めてバンジージャンプを体験しました。 きっかけは会社の先輩が、こんな投稿をしたから。
 「ずーーーーっとバンジーをやりたいと思っているんだけれど、 誰を誘っても賛同してくれない。 誰か行きませんか?」

投稿を見た時、 「怖い!(80%)」という気持ちと 「やりたい!(20%)」という気持ちを同時に感じました。

子どもの頃から「高い所は怖い。でも好き!」という変な感覚を持っている自分は、 バンジージャンプは一生に一度は体験したいと思っていました。 お店は茨城にある「竜神バンジー」。 高さは日本一で、100mの橋からジャンプできるお店です。

「いきなり日本一の高さに挑むなんて、ムチャ過ぎる!」 と思ったけど、「低めの高さから慣れていく」というのも面倒くさいし、 こんなチャンスは滅多にない気がしました。

色々と悩んだ末「怖いけど行きたいです!」と、消極的に参加表明をしました。 言ったあとで「うわぁ、本当に言っちゃった」と、ちょっと後悔。

集まったメンバーは7人。開催日は2ヶ月後の8月に決定しました。

その日から自分の「バンジージャンプシミュレーション」が始まりました。 まずは「高所恐怖症」と画像検索して、高所に慣れようとします。 高層ビルから地上を見下ろした景色は、見ているだけでお腹はヒュンヒュン、頭はクラクラします。

また、普段からイメトレも行いました。 道を歩いている時や、階段を降りる時など、暇があったら両足でジャンプするくせをつけたのです。 これは、「両足でジャンプするという動作を体に叩き込めば、本番でも臆せずに飛べる」と思ったから。 バカみたいだけど、これが意外と効果がありました。

体験日までの2か月間は、ふっとバンジーのことを思い出しては 「当日まであと2週間だ」 「本当に飛べるのかな」 「ビビって失神とか失禁とかしたらどうしよう」 と、そわそわした気持ちになりました。

「バンジージャンプって、一瞬で終わるのにお金払うなんてもったいないじゃん」 とはじめは思っていたけど、とんでもない! 申し込んでからの2ヶ月、自分はずっとドキドキした気分を味わえました。 バンジージャンプは、実はとてもコスパが良い遊びなのです。 (あまり精神衛生に良いとは言えないけど)

そして当日。池袋に7人の勇者が集まりました。 メンバーのノリは、 「高いところ大好き!」という人、 「30になるまでにバンジーを体験したかったんだ」という人、 「怖いからこそやりたい」という人、 「わたし、無理かもしれない……」という人まで様々。

7人もいると、とても心強い気持ちです。「7人いればみんな飛べるっしょ」という、 根拠のない自信がわいてきます。

道中はドライブ気分でワイワイ盛り上がりました。 ただ、バンジーの話になると 「みんな、心の準備ってできてる?」 「なんとかなるんじゃない?」 「写真で見たけど、100mって高すぎだよね」 「ねぇ、飛ぶ順番はどうする?」 「わたし、1番だけは絶対イヤ!」 という風に、ちょっと場の空気が重くなりました。

会場の茨城までは車で2時間ほど。それなのにどうしよう、すでに緊張でお腹が痛くなってしまいました。 まるで処刑の時間が近づくような、キリキリとしたプレッシャーを感じます。

茨城に到着し、インターを下りたあたりで、車内の空気がピリピリと張り詰めます。 みんな口数が少なくなり、 「うわっ、もうすぐだ」 「えっ、本当に飛ぶんだよね?」 と、不安を口にし始めます。わたしも、心の準備が少しもできていませんでした。

山道を登り、舞台の「竜神大吊橋」が見えた時、全員、あまりの高さに絶句。 なんだよあれ。橋が宙に浮いてるんだけど……

頭の中で、もう何万回目になるセリフが浮かびます。 「本当に飛べるの?」

車を下りると、最後のトイレに行くことになりました。 緊張していると、何度トイレに行ってもお腹がスッキリしません。 ストッパを多めに飲んで、それでもお腹がゴロゴロします。

まずは受付。 誓約書にサインしたり、体重を計測します。 それが終わると、身体にハーネスを装着。ジャンプの瞬間が着々と訪れ、緊張が高まります。

7人は橋の中央にあるジャンプ台に向かいました。 橋の上から湖を見下ろしてみると、あまりに高すぎて、木がブロッコリーのサイズ。 ここまで来ると、もう笑えます。

そしてまたこのセリフ。「本当に飛べるの?」

ジャンプ台は足場が金網になっており、足元から湖が見えました。 「もし、金網が破れたら……」 と思うと怖くて、忍び足でしか歩けませんでした。

 

一番恐ろしいのが、手すりも安全柵もなにもない、「真のジャンプ台」を見た時のこと。

高さ100mの場所に、全身むき出しの状態で立つなんて! 見るだけで血が凍る思いでした。 みんなで話し合って、飛ぶ順番を決めた。勇気のある女性陣が1番、2番と志願していき、 自分の飛ぶ番号は5番に決定。 「ああ、後の方で良かった!」 と思ったけど、すぐに 「どのみち飛ぶことには変わりないよね」 ということに気がつき、暗い気持ちに。

そしてついに最初のメンバーがジャンプする時が到来。彼女は「真のジャンプ台」に立つと、 カウントダウンに合わせて躊躇なくジャンプしてみせます。 「他の人が飛んだ」という事実は、少しだけ勇気をくれました。

続いて一人、もう一人と飛んでいきました。みんな怖がったり、ジャンプの時に 叫んだりはするけれど、自分の番が来ると躊躇せずに飛んでいくのが印象的でした。 出番が刻一刻と迫るのは、それはそれは恐ろしい時間でした。 思わず「自分の番が来なければいいのに……」と祈ったほどです。

恐怖のあまり、体中の血はキンキンに冷たくなっていました。 呼吸は落ち着かないし、心臓はギュウギュウと締め付けられたよう。 「逃げたい」という気持ちと「飛ぶしかない」という気持ちがせめぎ合っていました。

それでもついに、処刑台に立つ時が来ました。スタッフによる最終チェックが行われると、 自分は「真のジャンプ台」 へと向かいます。

その2へ続く

 


ピックアップ記事

  1. 浅草で体験できる、ガラス細工のお店5選!観光&思い出づくりにどうぞ

関連記事

  1. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.13】1週間で3人の「松山千春のモノマネ芸人」を見た話

    こんにちは。「遊びのずかん」は、陶芸からバンジージャンプまで、…

  2. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.9】京都の工房で体験。北山杉を使ったマイ箸作り

    こんにちは。「遊びのずかん」は、陶芸からバンジージャ…

  3. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.14】江戸時代からの伝統工芸。江戸切子でグラス作り

    浅草のグラス専門店で、江戸切子を体験してきたある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

}
  1. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.17】自分の名前やイラストを彫ろう!浅草でガラスのハンコ作…
  2. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.22】お花をビンに閉じ込めて。お台場でハーバリウム作りを体…
  3. 100km歩くウルトラウォーキング

    24時間歩けますか?地獄の「ウルトラフリーウォーキング」に参加してみた (その1…
  4. あそびのずかん

    【遊びのずかんvol.1】高さ100mからダイブ!日本一のバンジージャンプを体験…
  5. あそびのずかん

    浅草で体験できる、ものづくりのお店6選!キャンドルからアメ細工まで
PAGE TOP