霞ヶ浦ウルトラフリーウォーキング・スタート

100kmウォーク

24時間歩けますか?地獄の「ウルトラフリーウォーキング」に参加してみた (その1)


ウルトラウォーキングに必要なもちものはこちら↓

ウルトラウォーキングの持ち物まとめ

ウルトラウォーキングのトレーニング方法はこちら↓

ウルトラウォーキングのトレーニング方法

104kmを踏破せよ。ウルトラフリーウォーキングに参加

2018年、3月17日、午前10時。
「それでは霞ヶ浦一周ウルトラフリーウォーキング、スタート!」
号砲とともに、119人の参加者がいっせいに歩き出す。

ここは茨城県の霞ヶ浦という湖。
「霞ヶ浦一周ウルトラフリーウォーキング」は、周囲104kmの湖を、29時間以内に歩ききるレースです。

人間の歩く時速は約4km。つまり26時間歩けば、104kmを歩ける計算になります。
聞くだけで「無理!」と言いたくなるような、過酷なレースです。

「こんなレースに参加する奴は、よほどの変人だな……」
そのレースの参加者の中に、自分はいました。

なぜ参加したのか?

参加した理由は、歩くのが得意だったからです。(東京~京都500kmを踏破した経験あり)
もうひとつの理由は、自分の限界にチャレンジしてみたかったから。

自分の歩いた最長距離は、東京~横浜の38kmで、104kmも歩けるかどうかはわかりません。
3日ほど悩んだ末、レースに申し込みました。(参加費12,000円)

川口運動公園~1stエイド(10:00・0km・0時間)

いよいよレーススタート。川口運動公園を出発します。
レースが始まった時に感じたのは、「よし、がんばろう」ぐらいの軽い気持ちでした。

レースが始まって、いきなり衝撃を受けました。参加者の歩く速度がとても速いのです。
「えっ、そんな速さで歩いてバテないの?」
心配する自分をよそに、先頭集団はあっという間に視界から消えていきました。

自分はというと、ビリからのスタート。
レースの最後尾を歩く、運営スタッフのギリギリ前を歩くような状態でした。

「最後尾のスタッフに追い抜かれたらゲームオーバー」というルールはないけれど、
ビリというのはとにかく焦ります。
でも経験上、ウォーキングでは「焦らないこと」が肝心。
ペースを変えず、最後尾のスタッフ(「しんがりマン」と名付けました)の手前を歩きました。

制限時間29時間のレースは、まだ始まったばかり。

90分後、1stエイドの「セブンイレブン阿見掛馬店」に到着。

エイドとはコンビニに設置された補給地点で、水や軽食が出されます。
ビニールシートが広げてあるため、座って休むことも可能。
もちろんコンビニで買物してもOKなので、食べ物や飲み物に困ることはありません。

霞ヶ浦ウルトラウォーキングでは、計10箇所のエイドがあり、道中の目安にもなります。
トイレ休憩をすると、すぐに出発。

1stエイド~2ndエイド(11:30・7km・1時間30分)

のどかな道を歩きました。

その日は天候に恵まれ、うっとりするような晴れ空。
天気予報だと、大会の前後日が雨。奇跡的に天気に恵まれた1日でした。

ちなみにこの大会は雨天決行です。もし雨が降ったら、ツアーの難易度は劇的に高くなりそうです。
道中では、桜、菜の花、つくしが見られ、春が感じられました。

13時30分、2ndエイド「ローソン稲敷佐倉店」に到着。

エイドでは、味噌汁にそうめんを煮込んだ料理が出ました。
長時間歩くと胃が食べ物を受け付けなくなるので、そうめんはとても食べやすかったです。
水分を補給すると、すぐに出発しました。

あまり休憩を取らないのは、ビリを抜けたかったのもありますが、
「あまり休むと筋肉が固まってしまう」「歩くペースを崩さないため」といった理由もあります。
今はとにかくあるき続けて、体にリズムを覚えさせたい状態。

2ndエイド~3rdエイド(13:30・18km・3時間30分)

すでに4時間近く歩いているけれど、調子は可もなく不可もなくといった感じ。

14時50分、3rdエイド「ファミリーマート稲敷浮島店」に到着。
ここらへんでビリも脱することができて、気持ちに余裕ができました。

さすがに疲れて来たので、腰を下ろして休憩。
足がしびれてジーンとするような、熱をこめてジンジンするような、心地よい疲れを感じます。

3rdエイド~4thエイド(14:50・30km・6時間50分)

ウォーキングハイになる

3rdエイドを出て歩き始めた瞬間「それ」はやってきました。

今までの疲れが嘘のように吹き飛んだかと思うと、体中が軽くなって、スイスイと歩けるように。
気分は幸福感でいっぱいで、大声で歌いたくなるような気分。

文字に起こすとキケンな感じがしますが、これは長時間歩いていると訪れる「ウォーキングハイ」の状態です。
これがあるから、長距離ウォーキングは「辛い」の一言では片付けられません。

「稲敷大橋」と呼ばれる橋を通過。イネ科の植物が川岸いっぱいに生えていて、
夕日を浴びて黄金色に輝いていました。

ここで初めて、霞ヶ浦の道を歩きました。
青い空の下、静かな湖畔を歩いていると、
過酷なレースに参加していることをちょっとだけ忘れられます。

日没後も歩く

時刻は17時。これから日が沈み、そこから日が沈んだ後も歩き続けるということを考えると、
ちょっと気が遠くなります。
そして「もう9時間も歩いているのに、全行程のまだ半分も歩けていない」という事実も、重くのしかかります。

やがて日は沈み、辺りは薄暗闇に。少し心細い気持ちでした。

18時 4thエイド「セブンイレブン潮来永山店」に到着。

ここまで歩いて、ようやく39km。
両足はジンジンと熱く、パンパンに張っている状態。さらに左足が痛いのも気になりました。
これ以上歩くとどうなるのか、自分はどこまで行けるのか。未知のエリアに突入します。

4thエイド~5thエイド (18:00・39km・10時間)

日が沈んだため、ヘッドライトを装着。足元を照らしながら歩きます。
ちなみにヘッドライトは必須アイテムで、忘れると失格です。(持ち物検査はされなかったけど)

少しずつ足取りが重くなっているのを感じながら、ひたすら前へ。
まだ大丈夫だなと思えたのは、精神に余裕があったから。
「絶対にゴールしてやる!」「リタイアなんて死んでもしない!」「自分の限界に挑んでやる!」
といった負けん気が体の中で燃えていて、体の疲れをカバーしていました。

50km通過する

20時40分。
あたりが完全に暗くなり、5thエイド「セブンイレブン行方荒宿」に到着。

この時点で51km。「ここでやっと半分」と考えると、正直気の遠くなる思いです。

5thエイドではインスタントのカレーライスが振る舞われました。

疲れているし、お腹も減っているのに、まったく食べられない状態。これはあまり良くない兆候です。
代わりにようかんやゼリーなどの行動食を多めにとると、出発。

ちなみにこの5thエイドに24時までに到着できないと、足切りになります。
時刻はまだ21時。時間的にはまだまだ余裕。

24時間歩けますか?地獄の「ウルトラフリーウォーキング」に参加してみた (その2)

関連記事

  1. おすすめの行動食

    100kmウォーク

    100kmウォーキングに持っていきたい!おすすめの行動食8選

    レース中の栄養補給に!おすすめの行動食をまとめました24時間歩き続…

  2. 100kmウォーク

    100km歩くならソックスにこだわろう!おすすめのソックスまとめ

    100kmウォークおすすめのソックスまとめ!足の疲労を軽減します1…

  3. 100kmウォークにおすすめのウェア

    100kmウォーク

    100kmウォークはどんな服装で行けばいいの?おすすめのウェアをご紹介

    100kmウォークって何を着ていけばいいの?24時間歩き続ける10…

  4. レーススタートの瞬間

    100kmウォーク

    小田原から東京まで歩こう!東京エクストリームウォーク100に参加した話 その1

    小田原~東京を歩いて横断しよう。東京エクストリームウォー…

  5. トレーニング用シューズ

    100kmウォーク

    100km歩くにはどんな靴がいいの?おすすめのシューズをまとめました

    100kmウォークに必要な持ち物まとめ↓100kmウォーク持ち物ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

あそびのずかんを購読して、最新の記事をチェックしよう!

6人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PRサイト:アソビュー!

PAGE TOP