ノート・完成品

ワクワクする遊び

たのしく書く人になろう。「カキモリ」でノート作り vol.39


オリジナルのノートを作れる文具店

当ブログでは「あそびのコーディネーター」の「せいじ」が、日本全国の面白い遊びを紹介しています!

 
あそびのずかん・記事一覧へ

 

わたしはいつもB5サイズのノートを持ち歩いています。

ノートには日記を書いたり、ブログのネタをまとめたり、思いついたことを何でも書き留めています。

そのことを知った友達が

「カキモリっていうお店知ってる? 自分の好きなノートを作れるんだって」

と教えてくれました。

ちょうど今使っているノートが終わりそうなので、早速カキモリに行ってみることに。

たのしく書く人、カキモリ

カキモリは台東区三筋にある文房具店。

一見するとカフェと間違えてしまうような、おしゃれな外観が特徴です。

お店のコンセプトは「たのしく書く人」

カキモリ・外観

お店はワンフロアで、サクッと回るのにちょうど良い広さです。

「すいません、ちょっと聞きたいんですけど」

ノート作りの前に、わたしは女性のスタッフさんに声をかけました。

「自分は左利きなんですけど、インクがにじみにくいペンってありますか?」

左利きの悩み。それは左手で字を書くと、文字に手が当たってインクがにじんでしまうのです。

すると店員さんは「わかります、わたしも左利きなので!」

と言って、おすすめのペンを教えてくれました。

カキモリで扱っているペンは種類豊富で、見たことのないメーカーのペンが多数ありました。

様々なペン 

素材が豊富!ノート作り

続いてノート作り。まずはサイズを選びます。

ノートのサイズは

  • B5(大学ノートサイズ)
  • B6(B5の半分サイズ)

の2種類からチョイスします。わたしはいつも使っているB5サイズにしました。

次は店内に置いてある「トレイ」を取ると、「表紙・背表紙・中紙・リング」などのパーツを選んでいきます。

ノートの材料を選ぼう

まずは表紙選びですが、これが悩む!

「革だと気合が入りすぎだな。雑記帳だから、もっと手頃なデザインは……?」

さんざん迷って決めたのは「オレンジ」と「ブルー」という組み合わせ。

雑貨屋さんに置いてありそうな、おしゃれなノートをイメージしました。

続いてノートのページ部分である「中紙」を選びます。

「カキモリ」の面白いところは、ノートの紙も自由に選べるところ。

様々な紙に試し書きをして

「この紙はインクがにじみやすいな……」

「この紙、高級感がすげぇ!インクが輝いてる!」

という風に、書き心地の良い紙を選べます。

水彩画に使う「水彩紙(高い)」や漫画向けの「コミック紙」まで揃えてあり、試し書きをたっぷり堪能しました。

左利きにおすすめのフールス紙

わたしは前述の通り左利きのため、インクがにじみにくい中紙が使いたい。

色々試した結果「フールス紙」という紙が一番しっくり来る気がしました。

「それにしても、スタッフさんの字キレイだな……」

店内にはスタッフさん手書きのノートが置いてあるのですが、字があまりにも美しい。

文字がキレイだと、書き手の品性が伝わってくる気がします。

最後はリングの色を選び、スタッフの人に製本を依頼します。

わたしはリングノートのリングが手に引っかかるのがイヤなのですが、ちゃんとカキモリにはリングが手に当たりづらい「上下留め」も用意されていました。

製本には30分かかるため近くにある「81蔵前カフェ」でお茶をすることに。

「81蔵前カフェ」は動物たちとふれえるのが人気のカフェ。

店内では看板犬「ラッキー」と招き猫の「ハッピー」が、ストーブに当たりながらうたた寝をしていました。

カフェでくつろいだ後「カキモリ」でノートを受け取ります。

ノート・完成品

完成したノートは想像の何倍も素敵な仕上がりでした。

表紙のオレンジは「ディックブルーナ」の絵本に出てきそうな淡い色。

また、表紙の掛けボタンが

「このノートには自分しか知らない秘密が書かれているんだぞ」

というワクワク感を演出します。

家に帰ると早速ノートに何か書いてみます。適当なものが思い浮かばないので、料理のレシピを模写。

うーん、自分で選んだだけあって、紙がすごく馴染みます。

手書きっていいな

今はスマホやパソコンで文字を打つことが多い時代。でも、文字は自分の手で書くのが一番だと思うのです。

無心で字を書いていると、自分の思考がクリアになったり、新しいアイデアが生まれたり、様々な連鎖反応が生まれるのです。

カキモリのノート作りで、改めて手書きの良さを実感しました。

店舗情報

店名:カキモリ

HP:https://kakimori.com/

住所:東京都台東区三筋1丁目6−2

アクセス:浅草線 蔵前駅 A3出口徒歩8分

体験料金:約2,000円~(選ぶ紙・パーツによって異なります)

ノート作りは予約不要です。受け取りには最低30分かかります。

他の遊びもチェック!

当ブログでは「あそびのコーディネーター」の「せいじ」が、日本全国の面白い遊びを紹介しています!

「休日やることないなぁ」「新しい趣味が見つからないなぁ」という人は、他の記事もチェック!

 
あそびのずかん・記事一覧へ

関連記事

  1. ワクワクする遊び

    遊んでレジャー業界を応援!給付金10万円を全て遊びに使ってみた

    給付金10万円をすべて遊び・アクティビティに使った話2020年。コ…

  2. ワクワクする遊び

    東京で楽しめるガラス細工8選!吹きガラス・江戸切子・とんぼ玉作りまで楽しめます

    都内でガラス作りを楽しめる8つのお店を、厳選してピックアップ!コッ…

  3. ワクワクする遊び

    心を込めたプレゼントを贈ろう。オリジナルプレゼントを作れるお店12選

    心を込めて作ろう。オリジナルのプレゼントを作れるお店…

  4. 脱出ゲームをやる人たち

    ワクワクする遊び

    雨の日・寒い日でもアクティブに遊ぼう!屋内で楽しめるあそび8選

    冬の日・雨の日でもアクティブに遊べる!屋内のあそび8選待ちに待った…

  5. ワクワクする遊び

    コロンと丸くてかわいい! 浅草でとんぼ玉作りを体験 vol.6

    浅草にあるとんぼ玉工房で、コロンと丸いとんぼ玉を作ろう!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画作成はじめました

ブログをメールで購読

あそびのずかんを購読して、最新の記事をチェックしよう!

4人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PRサイト:アソビュー!

PAGE TOP