旧中山道・京都まで歩いて行ってみる

【中山道・徒歩の旅】東京・日本橋~埼玉県まで


2017年 6月・新しい旅に出る

2016年の5月、自分は日本橋~京都までを歩く旅を終えた。
一年かけた旅が終わってしまい、2ヶ月ほど燃え尽きていたが、ふたたび旅に出るエネルギーが湧いてきた。 

また新しい旅に出よう。あの、少しずつ目的に向かう感覚。
何時間も歩いている内に、気分がハイになっていく感覚。
知らない町を歩いている時のワクワクする感覚を、また味わいに行こう。 

旧中山道を歩くことに

次の旅の候補に上がったのは旧中山道。
https://ssl.gpscycling.net/tokaido/nakasendo.html 

東京・埼玉・長野・岐阜・滋賀を経由して、京都へと行く道だ。
「また京都行ってどうするの?」と思ったけど、
長野を歩いてみたかったし、中山道は峠道が多くて、山の景色が楽しめそうなのが良かった。

そして6月の3連休、また新しい旅に出かけた。
1日目 日本橋~さいたま市(33km) 

日本橋を出発。

湯島・本郷・巣鴨・板橋と、自分の住んでいる町を歩いた。

見慣れた町を2時間ぐらい歩くのは、ちょっとじれったかった。
その日はちょっと風邪を引いていて「このまま行っても大丈夫かな」と不安だった。
家の近くを通りかかった時など、そのまま帰宅してしまおうかと思ったほどだ。

覚悟が決まるのか、地元から遠く離れるに連れて、どんどん体調が良くなっていった。

板橋を越えると埼玉県へ突入。蕨・浦和・大宮・さいたま市を歩いた。

夜。「おふろcafe utatane」という温泉施設へ。

ハンモックがあったり、広大なくつろぎスペースがあったり、まるでカフェのようなお店だった。

 

早朝までやっているため、今日はここを宿代わりにする予定だった。
別にホテルを取っても良かったのだが「温浴施設で宿泊する」という
貧乏旅を、1回体験してみたかったのだ。

お風呂に入ると旅の疲れを癒やした。
体の芯まで染み付いた、ずっしりした疲労感までは取れないが、それでも気持ち良かった。 
ロフトのマットに寝転がると、ブランケットにくるまって目を閉じた。 

ただの休憩スペースで夜明かししていると思うと、緊張するような、ワクワクする気持ちになった。
ただしちっとも眠れなかった。
周りが気になって落ち着かないし、ロフトの下はカフェスペースで、常に誰かの話し声が聞こえる。

午後11時に床について、眠りについたのは午前2時。
貧乏旅は貧乏旅なりに、辛いものがあるんだな……
漫画喫茶や温浴施設を宿代わりにできるのは、若い内にしかできないことなのかも。

ちなみに一夜明かすのにかかった料金は、
「入館料+深夜料金」で2,000円。安い!

おふろcafe utatane 

店舗情報
営業時間:10:00~翌朝9:00
住  所:埼玉県さいたま市 北区大成町4−179−3
アクセス:日本橋から徒歩8時間

2日目・さいたま市~熊谷市(30km)

スマホのアラームで目を覚ました。
ここはどこだろう。ああそうか、自分はロフトで夜明かししたのだ。 

まずは朝風呂に入る。お風呂に設置されたテレビでは台風速報がやっていた。 
台風は九州に上陸して大暴れ中。このまま関東に向かっているという。

今日は台風に追いつかれる前に次のホテルへ避難するという、結構ギリギリの行程だった。
おふろcafe utataneを出発。

台風が近づいているため、一日大雨。
顔に雨粒が降り掛かってきて、うっとうしい。足元は靴下の中までびしょびしょ。
防寒具が雨を吸ってずっしり重く、いつもより歩くのが辛かった。 

夕方。
十分気をつけていたつもりが、音楽プレイヤーとスマホが、濡れて壊れてしまった。
こういう時、心がざわざわする。
「また旅なんかに出て、何になるんだ?」
「わざわざ台風が近づく中を歩いて、バカみたい」
旅を止めたくなる気持ちが、どんどん強くなる。

でも、自分の中に一つだけ確かなことがあったので、我慢して歩いた。

夜、ホテルに到着。
ホテルの看板が見えた時、いつもの何倍も嬉しかった。 
お風呂に入った後、音楽プレイヤーにヤケクソでドライヤーを当てたら、なんと復活した。
スマホも(東京に帰った後、修理屋に14,800円払ったら)復旧した。

3日目 熊谷~籠原駅 (7km)

カーテンを開けると、そこには真っ青な空が広がっていた。
そう。台風一過があるので、3日目は絶対に晴れるのだ。

熊谷市はとてものどかな町。

こんな町で夏休みを過ごせたらとても素敵だろうな。
田園景色が懐かしくて、道路を外れて寄り道した。

 

初日は温泉のロフトで夜明かしし、2日目は雨の中を歩き続けたせいか、体力は限界だった。
全身が錆びたように動かなくて、7km時点の「籠原駅」で旅を終えることにした。

 まだまだ関東圏なので、遠くまで来たという実感はない。
次の旅では群馬に入り、「碓氷峠」と呼ばれる峠を越えて、長野県・軽井沢に上陸する予定。
歩いて軽井沢に行けるなんて、なんだかワクワクする。

二度目の旅に出て思ったこと

やっぱり徒歩旅は飽きない。 
長時間歩いているとどんどん気分が高揚して、「自分は生きているんだ!」
という気持ちで胸がいっぱいになる。小さな悩みとか簡単に吹き飛んでしまう。
また、ゆっくりだけど確実に目的地に近づいていくという感覚も楽しい。

なんだかんだ言って、自分は歩くことが一番好きなのだと実感する。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 手織工房じょうた
  2. バンジージャンプ
  3. 自分で点てたお抹茶と一緒にいただきます
  4. 脱出ゲームをやる人たち
  5. レーススタートの瞬間
PAGE TOP